【WWE】“黒い小悪魔”アレクサがロウ女子王者アスカをシスター・アビゲイル葬

©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

日本時間119日、フロリダ州セントピーターズバーグのトロピカーナ・フィールド「WWEサンダードーム」にて行なわれたロウがライブ配信された。

ロウ女子王者&WWE女子タッグ王者アスカが “フィーンド”ブレイ・ワイアットに洗脳されたままの“小悪魔”アレクサ・ブリスと「アレクサズ・プレイグラウンド」で対峙した。

アレクサはブランコに乗りながらゲストのアスカの前でロイヤルランブル戦出場を発表すると「アスカはロウ女子王者だから、レッスルマニアで対戦するかもね」と2人の王座戦に言及。

©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

一方のアスカは不気味なアレクサに戸惑いながらも「とても光栄。あなたのファンなのよ」と言いながらブレイ・ワイアットのセリフを真似したり、ダンスを踊って気まずい空気を変えようとしたが、これにアレクサは「もう十分よ。止めて」と怒ったと思えばすぐに「こんなはずじゃなかった」と落ち込んで感情の起伏を露わにした。

続けてアスカが「フィーンドはまだここにいるよ」とランディ・オートンに火葬されたフィーンドに触れて慰めたが、アレクサは「彼の名前を口にするな」と怒りながらも、まるで幽霊でもいるかのように独りでに動き出した木馬に手を振って微笑んだ。

さらにメイン戦ではアスカとアレクサが対戦するとアスカがバックハンドブローからヒザ攻撃、シャイニング・ウィザードと連続攻撃で攻め込んだが、試合途中に突然会場が暗転。すると暗闇から黒い衣装、黒い口紅をした“黒い小悪魔”アレクサが登場した。

©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

アレクサは攻撃をよけながら静かにアスカを見つめると、コーナーではフィーンドのように反転してアスカを威嚇。アスカはアレクサのマンディブル・クローを回避するとバックハンドブローやハイキックを決めたが、最後はアレクサがシスター・アビゲイルをアスカに叩き込んで3カウント。

ロウ女子王者からピンフォールを奪取したアレクサは元の姿に突如戻るとフィーンドが憑依しているかのように「レット・ミー・イン(中に入れろ)」と叫んだ。

アレクサが出場する女子ロイヤルランブル戦が行われるPPV「ロイヤルランブル」は日本時間2月1日にWWEネットワークで配信される。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事