【新日本】死闘IWGPヘビー&ジュニアW前哨戦は30分フルタイムドロー!!

新日本プロレスは2月8日(月)、東京・後楽園ホールで『Road to THE NEW BEGINNING』第12戦を開催した。

メインでは飯伏幸太&SHOvsSANADA&高橋ヒロムが対戦。

■2.10広島:IWGPジュニアヘビー級王座戦(王者)高橋ヒロムvs(挑戦者)SHO

■2.11広島:IWGP二冠王座戦(王者)飯伏幸太vs(挑戦者)SANADA

両王座を賭けて争うダブル前哨戦となったこの試合は、互いの意地が爆発し、一進一退の攻防を展開し、30分フルタイムドローとなった。

試合後、両チームそれぞれ死力を振りつくし大の字でマットに倒れ込み、マイクを手にする者はいなかった。

『Road to THE NEW BEGINNING』
日時:2021年2月8日(月) 17:00開場 18:00開始
会場:東京・後楽園ホール
観衆:491人

▼第5試合 30分1本勝負
SHO
飯伏 幸太 △
vs
高橋 ヒロム
SANADA △
(30分00秒  時間切れ引き分け)

※飯伏、SHO、SANADA、ヒロム、いずれもノーコメント。

<写真提供:新日本プロレス>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事