【WWE】“女王”シャーロットが王者アスカにPPV「レッスルマニア37」での王座挑戦を表明

日本時間3月2日、フロリダ州セントピーターズバーグのトロピカーナ・フィールド「WWEサンダードーム」にて行なわれたロウがライブ配信された。

◆“女王”シャーロットが王者アスカにPPV「レッスルマニア37」での王座挑戦を表明

©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

“女王”シャーロット・フレアーが元パートナーでロウ女子王者アスカにPPV「レッスルマニア37」での王座挑戦を表明すると、対戦相手のWWE女子タッグ王者シェイナ・ベイズラーをナチュラル・セレクションで撃破した。

先週、誤爆によりアスカと仲間割れとなったシャーロットがリングに登場すると「祭典レッスルマニアまで6週間。王者アスカは誰と対戦するの?私はロウ女子王座がほしい。レッスルマニアでアスカと対戦したい」と王座挑戦を表明した。

©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

さらにシャーロットは「アスカは怪我をしたが、強くなって戻ってくるだろう」とアスカの状況を説明するとそこへ対戦相手のWWE女子タッグ王者シェイナとナイア・ジャックスが現れた。

シャーロットは睨み合いになったシェイナに殴りかかると試合前から1対2の乱闘となったが、そのまま試合に移行するとフェイスバスターやチョップを決めて攻め込んだ。

©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

さらに場外でシャーロットはナイアの攻撃をかわして鉄製ステップに叩きつけると、最後はキリフダクラッチを狙ったシェイナをナチュラル・セレクションで沈めて激勝。

シャーロットは王者シェイナを破ってその実力を改めて証明した。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事