【WWE】“女帝”アスカが調印式でリアに襲撃KOされて醜態

日本時間330日、フロリダ州セントピーターズバーグのトロピカーナ・フィールド「WWEサンダードーム」にて行なわれたロウがライブ配信された。

◆“女帝”アスカが調印式でリアに襲撃KOされて醜態

©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

“女帝”こと王者アスカがPPV「レッスルマニア37」のロウ女子王座戦で対戦するリア・リプリーと調印式で対峙した。

アスカが「お前は自信過剰だ」と挑発すると、リアは「確かに。レッスルマニアでお前を倒して王座奪取する自信がある」と言い放って契約書にサインした。

©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

これにアスカも睨みつけながらサインすると「お前の自信は本物とちゃいまんねん。リアは才能あるけどワシには敵わないと学ばないとね」と王者の自信を見せたが、これにイラついたリアがテーブルをひっくり返してアスカを襲撃KO。

するとそこへWWE女子タッグ王者シェイナ・ベイズラー&ナイア・ジャックスも現れて「次週タッグ戦はどうだ」と挑発するとリアはアスカの了承も取らずにこれを独断で受諾した。

PPV「レッスルマニア37」は日本時間4月11日12日にWWEネットワークで配信され、アスカ対リアのロウ女子王座戦は日本時間4月12日に行われる。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事