【ガンプロ】GWC6人タッグ王座は朱崇花組が初防衛!入江&今成&まなせのpWoは再挑戦を熱望

 CyberFight傘下のガンバレ☆プロレスが4月7日、東京・後楽園ホールで「BAD COMMUNICATION 2021」を開催。第3試合では、入江茂弘、今成夢人、まなせゆうなのpWoがGWC認定6人タッグ王座獲りに臨んだが、王座奪取はならなかった。

 入江組は王者の朱崇花、新納刃、冨永真一郎組にチャレンジし、パワーで攻め立てるも、最後は今成が冨永に捕獲され、ムーンサルト・プレスで沈み、王者組が初防衛に成功。

 まなせが「今成さんと絶対(ミックストタッグ)トーナメントで結果出してくるから、入江さんと今成さんと3人であのベルトが獲りたいです」と言うと、今成は「絶対チャンスもう一回つかみますよ。もう一回です。pWoはあきらめません」と、入江「やりましょう!」と3人共に再挑戦を口にした。

 初Vに成功した冨永は「チグハグなトリオだなという気はしてたんですけど、今日はガッチリはまったんじゃないかな」と、朱崇花は「私は刃さんとともにだったら何回も防衛できるんじゃないかな」と、新納は「生まれも育ちも違いますけど、せっかくこうやって集まってベルト持っているんでいけるところまで防衛していきたい」とコメント。

BAD COMMUNICATION 2021
【日時】2021年4月7日(水)
【会場】東京・後楽園ホール
【観衆】409人

▼第一試合 THE HALFEEvs藤田プロレススクール全面対抗戦 30分一本勝負
勝村周一朗&●桜井鷲 vs 藤田ミノル&ヤス・ウラノ○
12分57秒 変形GENTAROクラッチ

▼第二試合 ガンジョvsアクトレス・ガールズ全面対抗戦 30分一本勝負
春日萌花&○HARUKAZE vs 高瀬みゆき&林亜佑美●
12分51秒 春一番

▼第三試合 GWC認定6人タッグ選手権試合 60分一本勝負
<王者組>朱崇花&新納刃&○冨永真一郎 vs 入江茂弘&今成夢人●&まなせゆうな<挑戦者組>
13分2秒 片エビ固め
※ムーンサルト・プレス。第25代王者組が初防衛に成功。

▼第四試合 ガンプロvsDDT全面対抗戦 30分一本勝負
○石井慧介&翔太 vs 上野勇希&勝俣瞬馬●
11分40秒 片エビ固め
※ニールキック

▼セミファイナル ガンプロの若大将けじめの大一番 30分一本勝負
●日高郁人 vs 岩崎孝樹○
15分29秒 片エビ固め
※垂直落下式リバースDDT

▼メインイベント 代表vs代表~蛍光灯デスマッチ~ 時間無制限一本勝負
○佐々木貴 vs 大家健●
18分48秒 片エビ固め
※右膝with蛍光灯束

(写真提供:DDTプロレスリング)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事