【WWE】紫雷イオが「調子乗ってんのか」とフランキー・モネを威嚇

紫雷イオがベス・フェニックスのインタビューで陥落した王座戦の感想を英語で語るも、途中乱入してきたフランキー・モネに苛立って「調子乗ってんのか」と威嚇した。

©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

イオはインタビューでNXT女子王座初戴冠を果たした2020年6月の「NXT TakeOver:イン・ユア・ハウス」の関して「私の人生で最も重要な日になった。NXT女子王座を奪取するということは世界でベストなレスラーということだからね」と振り返えると、2週間前に王座陥落した「NXT TakeOver:スタンド&デリバー」に関しては「ラケル・ゴンザレスとの王座戦はもっともタフなチャレンジだったが、時が来たらリマッチをする」と再戦を示唆した。

さらにイオは「300日以上タイトルを防衛してきたから休息が必要だ」と話していると、突如フランキーの愛犬がインタビューに乱入。

フランキーは謝罪しながらも「イオが休むのなら私が女子部門のトップに立つわ」と挑発すると、これに苛立ったイオは「おい、何しに来たんだ。調子乗ってんのか」と日本語で威嚇し、最後は「私は猫の方が好きだ」と言ってその場を立ち去ると自身のツイッターではフランキーに対抗するように飼っている黒猫との写真を投稿した。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事