【WWE】ミステリオ親子とウーソズがタッグ王座2連戦もローマン・レインズが乱入

©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

日本時間6月5日、フロリダ州タンパのイングリングセンター「WWEサンダードーム」にて行なわれたスマックダウンがライブ配信された。

レイ&ドミニク・ミステリオとウーソズがスマックダウンタッグ王座2連戦も“一族の長”ローマン・レインズが乱入して反則裁定となった。

オープニングでレインズ(with ポール・ヘイマン)が「一族が観ているぞ。王座奪取を成し遂げろ」とウーソズに発破を掛ける中、ウーソズは連携したショルダータックル&エルボードロップで攻め込んだ。

その後も4人が入り乱れた白熱の攻防を展開したが、最後はドミニクがフロッグスプラッシュを放ったジミーを丸め込んで3カウントを奪取した。

©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

しかし、試合後にジミーの肩が上がっていたことが判明して再び両チームがメイン戦で激突すると、レイが619をジミーに決めてチャンスを迎えたところで突如レインズが乱入。

©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

レインズはドミニクにスーパーマンパンチ、レイにスピアーを放って試合は反則裁定となってしまう。さらに苛立ちが収まらないレインズは2人をバリケードや鉄製ステップに叩きつけ、ギロチンでドミニクを締め上げたが、レインズに反発するジミーは「もう十分だ」と言ってリングを後にした。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事