【新日本】鷹木が飯伏との王座戦を要求!「俺と飯伏のタイトルマッチ、最高な舞台を用意しろ!」<6.14後楽園・全試合結果>

新日本プロレスは6月14日(月)、後楽園ホールで『KIZUNA ROAD 2021』が開幕戦を開催した。

メインでは内藤哲也&SANADA&鷹木信悟&BUSHIvsタイチ&ザック・セイバーJr.&エル・デスペラード&金丸義信が対戦。

内藤&SANADAがIWGPタッグ王座への挑戦アピールに対し、現王者組であるタイチ&ザック・セイバーJr.が互いに激しい火花を散らした。

試合は第3代IWGP世界ヘビー級王者・鷹木が金丸をパンピングボンバーからのラスト・オブ・ザ・ドラゴンで仕留めた。

試合後、勝利した鷹木はマイクを手に取り「俺と飯伏の対決、初代と3代目の頂上決戦だ。オイ、新日本!それ相当の最高の舞台を、用意しろ!もう一回言っておこう、俺と飯伏のタイトルマッチ、それ相当、最高な舞台を用意しろ!」と新日本プロレスへ要求。

映画『ゴジラvsコング』Presents KIZUNA ROAD 2021
日時:2021年6月14日(月) 17:30開場 18:30開始
会場:東京・後楽園ホール
観衆:347人

<試合結果>

▼第1試合 20分1本勝負
上村 優也 ×
vs
鈴木 みのる 〇
13分55秒  逆方エビ固め

■試合後バックステージコメント

鈴木「おいボク、いやお坊ちゃん、いやいやいやいや上村クーン、いつでもやってやるぞ~。いつでもブチ殺してやるぞ~。お前、気づいただろ。“飛車角落ち”ってのはこういう試合のことを言うんだよ、ハハハハ! 俺の前に立つヤツはな、若手だろうがベテランだろうが、日本人だろうが、ヨソの国の人間だろうが、俺の前に立とうとするヤツは、ブチのめす、それだけだ。

(※控室へと去りかけて)おお、そうだそうだそうだ、オイ新日本、IWGP世界ヘビー級、いつでも俺が狙ってんの忘れんなよ? いつでもだ! オイ、チャンピオン鷹木、テメェの首も、“正々堂々と”なんて言ってねぇだろ? “いつでもどこでも”だ! ハハー!」
 
 

上村「(※しばらく階段の踊り場で横たわって動けずにいたが、起き出すと転がるようにして階段を降り、何とかインタビュースペースへ。ヒジのあたりを押さえながら床に突っ伏して)クソー! 悔しい! (※顔を起こして柱に寄りかかり)今までさんざん生意気言って、ブチ当たってはボコボコにされ、そりゃ、あんなのにケンカ売ったら、怖いし、痛てぇよ。でも、俺はプロレスラーだよ。リング上なら、誰が相手だろうと、行くしかないでしょ。

(※控室へと進みかけて)もうひとつ、鈴木みのる。いまのまま、強いままでいろ。必ず、勝ってやる。それまでは絶対に、いまのまま、強いままの、鈴木みのるでいろ。俺が勝つまでは。絶対勝ってやる!」

 

▼第2試合 20分1本勝負
棚橋 弘至 〇
vs
辻 陽太 ×
13分36秒  テキサスクローバーホールド

■試合後バックステージコメント

棚橋「(※息を弾ませ)座ってもいいかな? 座ってもいいかな?(※と言ってコメントスペースに座り込む) クソ! スタミナのペース配分が、狂ったな。(試合時間)5分…。5分でフィニッシュまで持っていこうと思ってた。それが倍か…!? 辻の成長だな…。辻にしろ、上村にしろ、ヤングライオン(の期間)が、ほかの僕たち例年のヤングライオンよりも長くなってる。こういうコロナ禍の状況だから、なんとも仕方ないけども。タメが長ければ長いほど、デッカくて美しい花を咲かすと思うから、腐らずに1歩1歩(進んでもらいたい)。もう1回だ、辻。お前がスター選手になるまで、新日本プロレスのトップレスラーになるまで、俺が残っといてやるよ」
 
 

辻「(※コメントスペースで片膝をつき)俺がいま、このリングに立ってるのは、まぎれもなく棚橋さんのおかげだ。棚橋さんがいなければ、いまの俺はないだろう。感謝なんか言葉じゃ言い表せないぞ。だからこそ、棚橋さん、あなたを超えたときに、俺は本物のプロレスラーになるんだ」

 

▼第3試合 30分1本勝負
矢野 通 〇
YOSHI-HASHI
石井 智宏
後藤 洋央紀
vs
邪道 ×
ディック東郷
高橋 裕二郎
“キング・オブ・ダークネス”EVIL
12分29秒  横入り式エビ固め

■試合後バックステージコメント

裕二郎「石井、後藤、あ~あとYOSHI-HASHI? オイいますぐよぉ、いますぐその3本のベルト、よこせコノヤロー!」

EVIL「(※持参したイスに座って)オイ東郷、石井に何か言ってやれよ」

 

東郷「オイ石井! テメェ何熱くなってんだよ! テメェと俺じゃ、格が違うんだよ!」

EVIL「いいかオイ、アイツらの永遠なんてなぁ、一瞬で砕いてやるよ。あのベルトは、俺らのモンだ。よく覚えとけ!」

東郷「(※控室への去り際に)格が違うんだよオラ!」
 
※邪道はノーコメント

 

YOSHI-HASHI「ベルト獲るとか言ってるけどオイ、BULLET CLUB、お前らなぁ、いいか、今回で3タテだ。お前らはもう2回俺らに負けてんだよオイ。今回で3回目だ。オイこのベルト、そう簡単に獲れると思うなよ(※と、先に控室へ)」

後藤「ここまで、(※持っていたベルトを叩きながら)このベルトの価値を上げたのは、俺たちだ。そしてこれからも、価値を上げるのは俺たちの責務だ。お前らじゃねぇんだよ! 特に裕二郎、お前だけは違う。俺たちを、お前のトコまで下げられると思うな」


 
石井「(※ノドのあたりを押さえ、ときどき苦しそうに咳き込みながら)東郷、やっと俺の前に来たな。遅せぇんだよ! でももういい。大阪で俺に手ぇ出したな。俺にケンカ売ったってことでいいんだよな? それから、お前そろそろ、本当のディック東郷の姿を、新日本の連中、新日本のファンに、見せたらどうだ? お前いままで、いくつのユニットを作り上げてきた? そのユニットのリーダーとして、いくつの団体、暴れ回ってきた? あぁ!? そんなヤツが新日本に来て、チマチマチマチマしてんじゃねぇぞ、あぁ!? 東郷、本当のテメェの姿、さらけ出してみろ。オメェがやらねぇつってもなぁ、俺がやってやるよ。なぁ、“大将”」
 
※矢野はノーコメント

➡次ページ(セミ・メイン)に続く

<写真提供:新日本プロレス>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事

Pages 1 2