【新日本】IWGPジュニアタッグは石森&ファンタズモがRPG 3Kから王座奪取!NEVER6人タッグを見据え第三世代トリオが王者組と大乱闘!!<6.23後楽園・全試合結果>

新日本プロレスは6月23日(水)、後楽園ホールで『KIZUNA ROAD 2021』第7戦を開催した。

メインではIWGPジュニアタッグ選手権が行われ、王者チームのROPPONGI 3K(SHO&YOH)がBULLET CLUB(石森太二&エル・ファンタズモ)の挑戦を受けた。

両チーム激しい試合展開となったが最後は挑戦者チームのファンタズモが疑惑のリングシューズでYOHを仕留め、石森太二&エル・ファンタズモが 王座奪取に成功した。

試合後、勝利した石森はマイクを手に取り「俺とファンタズモのタッグチームは、カッコいい、かわいい、輝いてる。俺たちこそが“3K”だろ、オイ!次は、札幌だな。デスペ、チャンピオンさま、俺はオマエのベルトもいただくぜ。覚悟しとけ!It’s Reborn!!」」と言い放ち、7.11札幌のIWGPジュニアヘビー級王座戦に向け王者であるデスペラードを挑発。

以下、全試合結果・試合後バックステージコメントを掲載。

映画『ゴジラvsコング』Presents KIZUNA ROAD 2021
日時:2021年6月23日(水) 17:30開場 18:30開始
会場:東京・後楽園ホール
観衆:403人

<試合結果>

▼第1試合 20分1本勝負
辻 陽太 ×
vs
グレート-O-カーン 〇
11分30秒  逆エビ固め

■試合後バックステージコメント

オーカーン「あ~あ、あ~あ、オイ、辻。なんで、最後タップアウトなんてしたんだ? 甘えてんなよ。辻、上村、教えてやる。テメェら、絶対成功しない。海外に行きたい? 行ったらいいじゃねぇか、オイ! 順番待ちしてんのか? 行きたきゃ行けばいいじゃねぇか。勝手に行って、逆輸入されたレスラーだっているんだぞ。それと、海外に何を夢見てんだ? 海外が素晴らしいって? 考え足りねぇフェミニストか、貴様ら! 甘えてるんじゃ、テメェらの根性はよ。

ここは世界一の団体で、世界一のレスラーと闘ってんだぞ? 何を海外に求めてんだよ。テメェらの頭の中には試合も移動も給料も全部全部用意してもらって、甘えてんだよ! それがムカつくんだよ。それが出てんだろ、試合に。この3年間、行けねぇのはテメェらが甘えてっからだ。だから、改めてもう1回言ってやるよ。テメェらは絶対成功なんかしねぇよ! 海外に逃げるだけだ。今日のこの屈辱を少し覚えてるだけで、ちょっとだけマシになるんじゃねぇか? テメェらに悔しいって、本当の気持ちがあんならな」

 

辻「ああ、クソッ! ああーッ! 3年前に、俺がデビューした3年前に俺はこう言ったんだよ。『岡さんを超えていけるようなレスラーになる』ってな。いまの俺じゃあ、まだまだぜんぜん岡さんには届かない。そして、今日闘ったグレート-O-カーン。お前がいままでどう過ごしてきたかは知らないが、俺にとってアンタは宿命の相手だ。今日は俺が負けた。だが、この闘いはまだ終わってない。そして、必ずアンタを超えてやる」

 

▼第2試合 20分1本勝負
飯伏 幸太 〇
vs
上村 優也 ×
13分13秒  高角度逆方エビ固め


■試合後バックステージコメント

飯伏「まだまだ自分もできるけども、久々にこういうね、“若い試合”をしましたよ。またこれも、自分に足りない部分のひとつ。思い出させてもらいました。

上村、待ってるよ、俺は。早く上がって来いよ。いつまでもヤングライオンでいるなよ。そして、鷹木信悟戦にプラスの試合になった。これが大きなひとつの収穫」

 

上村「自他共に認める“神”なだけあって、いまの僕じゃぜんぜん歯が立たないです。でも、今日、ああやって叩き潰してくれて。なんか、清々しいというか。あんだけボコボコにしてくれる人、あんまりいないんで。

次、シングルマッチでいつ当たるかわかんないですけど、次当たったときは、もっと強くなって、もっとデカくなって、飯伏さんに必ず勝ちます。必ず、飯伏幸太、そして、今回闘った先輩、みんなを超える。ありがとうございました!」

 

▼第3試合 30分1本勝負
矢野 通
オカダ・カズチカ
YOSHI-HASHI
石井 智宏 〇
後藤 洋央紀
vs
本間 朋晃 ×
真壁 刀義
永田 裕志
小島 聡
天山 広吉
13分19秒  垂直落下式ブレーンバスター→片エビ固め

■試合後バックステージコメント

後藤「相手にとって……不足ありだな、オイ」

YOSHI-HASHI「昨日は言ったよ。やってやるって言ったよ。でもね、なんか今日闘って、ベルト懸ける価値がねぇんじゃねぇかなと思っちゃったよ。どうだろう?」

後藤「それでもよ、大先輩だから敬意をもって叩き潰すよ」

 

石井「あいつらなんでこういう試合をいつもやらねぇんだ? 目的がねぇとできねぇのか? 目的がねぇと熱くなれねぇのか? オイ、普段からやれ、コラ! 俺言ったよな、2年前に。『あいつら組まれた試合をただこなしてるだけだ』って。『あいつらの試合は進化がない』って。なんでやんねぇんだよ?相手がヤングライオンだからか? 組まれたのが1試合目だからか? 2試合目だからか? ふざけろよ、オラ! 何様だ、テメェら、オイ!

 元IWGPヘビー級チャンピオン? 元『G1(CLIMAX)』覇者? そんな肩書はクソの役にも立たねぇんだよ。そのクソの役にも立たねぇ肩書にあいつらしがみついてるだけなんだよ。なにデーンと構えてんだよ。なに余裕ぶっこいてんだよ。『かかって来いよ』じゃねぇんだよ! テメェらから来いよ! テメェらで火種作れよ。テメェらが相手に火をつけろよ。

どうせ今回も俺が挑発しなかったら来なかったんだろ? ふざけやがって。いいよ。やってやるよ。テメェらのプロレス人生、最後の思い出作りに俺が協力してやるよ。せいぜい悔いのないように頑張れよ。テメェらとの違い見せつけてやる!」
 
※オカダ&矢野はノーコメント 
 
真壁「活きがいいじゃねぇか、この野郎。活きがいいよな。面白ぇじゃねぇか、第三世代よ。オイ、レスラーはナメられたら最後だからよ。いいんじゃねぇ、あれが先輩の姿だよ。言いてぇことはそれだけだよ。(※一旦帰ると見せかけて)まだあんだよ! 油断すんじゃねぇぞ。それだけだよ」


 
小島「ぜんぜん若造だぞ、3人とも。石井智宏は新卒の新社会人だ。後藤洋央紀は高校生、YOSHI-HASHIは中学生だ。俺たち3人から見たら、お前ら3人なんてその程度の経験しか積んでない。そういうことだ。俺たちのエキスパートぶりをこの目で思い知るがいい。その体で思い知るがいい。チーム・エキスパート、ナメんなよ!」

永田「さてと、何か? 何もないスか? 何もない? 何もなければ(帰ります)」

──第三世代3人でベルトに挑戦するのは?

永田「初めてでしょう。あのチームで組んでやるのは初めてですよ、6人タッグは。まあ、天山と1回組んだかな? はるか昔ね。いいんじゃないですか、自分らの存在意義を示す上では。俺たちが終わってるだなんだっていろいろ言ってますけど、だったら殺してみろよって。殺せるもんなら殺してみろ。そんなに俺はヤワじゃないから。まだまだ闘えるから。まだまだ闘って、お前らなんかよりハードトレーニングもして、パワーもまだまだあるから。心配すんな。叩きのめしてやる」

 

天山「クソーッ、あの野郎。オイ、石井よ、お前ナメてんなよ、コラ! 第三世代が腰抜け? やったろうやんけ! 昨日言ったけど、ベルトいつでも獲ったるって。早く決めてくれよ。明日でも明後日でも、今日だってやってもええんやからな。石井、そして洋央紀。YOSHI-HASHIもいたな。まとめてやったるよ。俺ら第三世代3人がガッチリ組んだら、どうなるかわかっとるやろうな? 見したるよ、お前らに俺らの怖さ。えげつないのやったるからな。まあ、半ギレもええとこやぞ。バカタレが!」
 
※本間はノーコメント

■次ページ(セミ・メイン)へ続く

<写真提供:新日本プロレス>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事

Pages 1 2