【AEW】6.30 ダイナマイト ピナクルのMJFがサミー・ゲバラに勝利!ブリット・ベイカーは勝利するもナイラ・ローズに場外パワーボムで投げ捨てられる

現地時間30日(日本時間7月1日)米国にてAEW DYNAMITEの放送が行われた。

ピナクルとインナーサークルの抗争を代表し、MJFとサミー・ゲバラがメインで激突。インナーサークルのヘッドである解説のクリス・ジェリコにウォードローが襲い掛かり、混乱する隙にパイプイス攻撃からの抑え込みでピナクルのMJFが勝利をあげた。

タッグマッチではヤングバックスを破ったペンタ・エル・セロ・ミエド&エディ・キングストンがAEW世界タッグ王座への挑戦権を獲得。TNT王者のミロは王座を防衛。AEW女子王者の得意のロックジョーでタッグマッチを勝利するもナイラ・ローズに2度のパワーボムで投げ捨てられてしまう。

各試合結果と動画は下記の通り

第1試合 タッグマッチ
✖ヤングバックス
vs
〇ペンタ・エル・セロ・ミエド&エディ・キングストン

※スピニングバックフィスト

※ヤングバックスに勝利したエディ・キングストン&ペンタ・エル・セロ・ミエドがAEW世界タッグ王座への挑戦権を獲得した。

 

◆ダービー・アリンとペイジ&スカイ◆

ダービー・アリンに棺桶戦(コフィンマッチ)を要求したイーサン・ペイジとスコーピオ・スカイ。スティングが運んできた棺桶から勢いよく飛び出したのはダービー・アリン。アリンはペイジ&スカイに襲い掛かる。

 

第2試合 シングルマッチ
〇ジャングルボーイ vs ジャック・エバンス✖

※スネアトラップ

 

◆ケニー・オメガとダークオーダー◆

AEW世界王者のケニー・オメガが登場。ケニーは「先週ジャングルボーイに勝ったが、もうAEWには挑戦者はいない。他のベルトを防衛するからしばらくAEWを休むと宣言。そこにイビル・ウノとダークオーダー軍が登場。ウノは「俺達はまだケニーに挑戦する事はできないが、AEWランキング1位の男がいるだろ?」と発言。観客は”ハングマン”とチャントで答える。
しかしケニーは「そいつには俺に挑戦する度胸もないし、このベルトを持つ価値もない」と拒否してしまう。

 

第3試合 TNT王座戦
【王者】〇ミロ vs ブライアン・ピルマンJr.✖【挑戦者】

※ゲームオーバー

※TNT王者のミロがマチカキックから雄たけびをあげてゲームオーバーで勝利。王座を防衛した。

 

第4試合 女子タッグマッチ
〇ブリット・ベイカー&レベル
vs
ナイラ・ローズ&ヴィッキー・ゲレロ✖

※ロックジョー

※ブリット・ベイカーが得意のアゴ固め(ロックジョー)で勝利しAEW女子世界王者の力をみせつける。しかし怒りのおさまらないナイラ・ローズに試合後にパワーボムを食らい、さらに場外のテーブルにもパワーボムで投げ捨てられてしまう。

 

第5試合 シングルマッチ
〇MJF vs サミー・ゲバラ✖

※パイプイス攻撃→体固め

※ウォードローが解説しているクリス・ジェリコを襲う。その隙にショーン・スピアーズがパイプイス攻撃。MJFが抑え込み勝利を奪った。

試合後、コロナ禍以降に無観客試合を始めとしてAEWの試合の本拠地となったデイリーズパレスでの数々の試合を振り返りながら別れを告げ番組は終了した。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事