【WWE】紫雷イオがゾーイ・スタークと懇親会も「ノー・サンキュー」とハグをはぐらかす

©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

NXT女子タッグ王者紫雷イオが関係改善を了承したパートナーのゾーイ・スタークと日本食レストランで懇親会も、最後にハグを求めるゾーイに「ノー・サンキュー」と言いながら会計を押し付けた。

レストランでゾーイは「これが望んでいたことだ。一緒に時間を過ごして絆を深める。イオとカイリ・セインみたいにね」と喜んでいるとこれに苦笑いのイオはイカの姿焼きとマグロのカマ焼きを日本語でオーダーした。

ゾーイも同じものをオーダーしたものの、イオが「これ美味しいでしょ」と問いかけると日本食が口に合わないゾーイはイオに悟られないようにわさび入りの寿司やイカを次々に廃棄。

さらにゾーイが懇親会の最後に「少しは私のこと好きになったでしょ。とてもいい時間をありがとう」とハグを求めるもイオは「ノー・サンキュー」と会計をゾーイに押し付けると自身のツイッターでは「私は寿司が好き」と英語で投稿した。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事