【新日本】最後までダーティーファイトのEVILがSANADAに勝利!「オイ、これが現実だ」<G1 CLIMAX31>10・20日本武道館大会

新日本プロレスは10月20日(水)、東京・日本武道館にて『G1 CLIMAX 31』を開催し、Bブロック最終戦を行った。

第4試合でSANADA(4勝4敗)とEVIL(6勝2敗)が元パートナー対決となったが、昨年のG1でも激突した二人はSANADAが勝利して優勝決定戦へ駒を進めた。

EVILは開始するとすぐにリングを降りてマイクを持ち「こんな試合よ、意味ねえんだよ!オメーもそう思うだろ?終わりだ、終わり!」とゴングを鳴らしてバックステージへ向かうもSANADAが追撃する展開でスタート。

『G1』で終始ダーティーファイトを続けるEVILに、SANADAはセコンドのディック東郷もまとめてパラダイスロックで捉え低空ドロップキックを見舞い、さらには掟破りの急所攻撃も見せた。

しかし終盤、介入してきた東郷を蹴散らすもレフェリーが見ていない隙にEVILはSANADAにイスを投げつけ、すかさずEVILを炸裂させて3カウントを奪い勝利。

それだけで終わらないEVILは試合後もSANADAをスポイラーズチョーカーで締め上げるなど最後までダーティーファイトが止まらなかった。

G1 CLIMAX 31
日時:2021年10月20日(水) 18:00開始
会場:東京・日本武道館

第4試合 30分1本勝負
『G1 CLIMAX 31』Bブロック公式戦
×SANADA<4勝5敗=勝点8>
vs
〇“キング・オブ・ダークネス”EVIL<7勝2敗=勝点14>
17分47秒 EVIL→片エビ固め

〈写真提供:新日本プロレス〉

⇒次ページ:バックステージコメント

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事

Pages 1 2