【ノア】荒ぶる王者HAYATAが亜烈破のマスクを剥ぐ暴挙に!13日(土)横浜決戦に向け両陣営が激しくやり合う<11.10後楽園>

プロレスリング・ノアは10日、東京・後楽園ホールにて『Go on to the DEMOLITION STAGE 2021』を開催。

この日の第4試合では13日に行われる横浜武道館大会の前哨戦としてSTINGER vs 金剛の8人タッグマッチが組まれた。

横浜武道館大会で行われるGHCジュニアヘビー級選手権試合では王者・HAYATAに亜烈破が挑戦。

挑戦者として亜烈破は試合前からHAYATAを挑発。

試合は両チーム一進一退の攻防を繰り広げる中、終盤HAYATAが亜烈破のマスクを引き裂き、亜烈破は戦線離脱。

勝機と見たHAYATAは覇王を捕まえ403インパクトを決め勝利を収めた。

試合が終了してもなおも収まらないHAYATAはリング上で再度、亜烈破のマスクを剝がす暴挙に出た。

荒ぶる王者HAYATAはマスクを剥がした素顔の亜烈破に足を乗せ意気揚々と引き上げた。

13日の横浜武道館決戦に向け、GHCジュニアヘビー級選手権は荒ぶる王者HAYATAが防衛するか、亜烈破が意地を見せ金剛にジュニアベルトを持ち帰ることが出来るか?

今後のノア・ジュニア戦線を左右する一戦に注目したい。

『Go on to the DEMOLITION STAGE 2021』
■日程: 2021年11月10日(水)開始:18:30
■会場: 東京・後楽園ホール
■観衆:483人

▼8人タッグマッチ
HAYATA 〇
小川良成
吉岡世起
進祐哉
vs
タダスケ
亜烈破
覇王 ×
仁王 
13分29秒 403インパクト→体固め

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加