【AEW】11.17 ダイナマイト 石井智宏がオレンジ・キャシディとのタッグで登場!ゲバラがジェイ・リーサルからTNT防衛!志田光はナイラ・ローズに敗れる

現地時間17日(日本時間11月18日)米国にてAEW DYNAMITEの放送が行われた。

番組の冒頭でケニー・オメガを倒しAEW新王者となったハングマン・ペイジをダークオーダーが祝福した。そこへAEW世界王座の次期挑戦権を獲得したブライアン・ダニエルソンが登場。両者は乱闘寸前に。

新日本プロレスの石井智宏がタッグ戦に登場しオレンジ・キャシディと共に戦った。

初代TBS王者決定トーナメント2回戦に登場した志田光はフィニッシュのカタナをナイラ・ローズに切り返され惜しくも敗退。

TNT王者のサミー・ゲバラはROHから移籍してきたジェイ・リーサルを相手に王座を防衛した。

各試合結果は下記の通り

◆AEW新王者のハングマン・ペイジをダークオーダーが祝福◆

※ダークオーダーがPPV Full Gearで新王者となったハングマン・ペイジを呼び込み祝福。

※花道からAEW世界王座次期挑戦権を手にしたブライアン・ダニエルソンが入場。ブライアン・ダニエルソンはハングマン・ペイジに握手で祝福するも「今夜、オレとペイジの試合が観たいか?」と観客をあおる。ダニエルソンの挑発にのって襲い掛かろうとするハングマン・ペイジをダークオーダーが食い止める。

 

第1試合 シングルマッチ
〇ブライアン・ダニエルソン vs イビル・ウノ✖

※トライアングルスリーパー

 

第2試合 タッグマッチ
〇石井智宏&オレンジ・キャシディ
vs
ブッチャー&ブレイド✖

※垂直落下式ブレーンバスター

※ロッキー・ロメロによって呼び込まれたCHAOSからの使者・石井智宏がAEWマットに登場。CHAOSに加入したオレンジ・キャシディのピンチを救い縦横無尽のファイトで圧倒。石井の背後からメリケンサックで襲おうとするブレイドをセコンドのロッキー・ロメロが阻止。最後はラリアットからの垂直落下式ブレーンバスターで石井がNAVER無差別王者の貫禄を見せつけて勝利。

 

第3試合 初代TBS王者決定トーナメント2回戦
✖ 志田光 vs ナイラ・ローズ 〇

※スタンディングストレッチマフラー

※カタナを狙った志田光だったが、ナイラ・ローズがキャッチした脚をそのままストレッチマフラーに持ち上げたまらず志田がタップ。ナイラ・ローズが準決勝に進出した。

 

◆MJFとCMパンク◆

※PPVでダービー・アリンに勝利したMJFがショーン・スピアーズ、ウォードローと共に登場し、マイクでアピール。AEW世界王者にふさわしいのは自分だと話すと花道からCMパンクが登場。リング上で向かいあったCMパンクとMJF。MJFは握手を求めるもCMパンクは微笑みながら、これを無視して花道を引きあげる。

 

第4試合 タッグマッチ
〇リオ・ラッシュ&ダンテ・マーティン
vs
✖アクレイムド

※フロッグスプラッシュ

※試合後にはチームタズが現れ、ダンテ・マーティンに再度の勧誘。

 

第5試合 TNT王座戦
【王者】〇サミー・ゲバラ vs ジェイ・リーサル✖【挑戦者】

※GTH

※ジェイ・リーサルはAEWマットでのデビュー戦となるTNT王座戦。場外へのテーブルクラッシュをかわされて大ダメージのサミー・ゲバラ。互いの技を切り返しあう激しい技の攻防が繰り返される。最後はゲバラがランニングニーの連発からGTHを決めて王座を防衛。インナーサークルの面々がゲバラを祝福し、ジェイ・リーサルと握手で検討を称えあい番組は終了した。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事