【新日本】石井がジェイを撃破し歴代最多6度目のNEVER無差別級王座戴冠!「テメーの身体一つで勝負すりゃそれでいいんだ。わかったか?」<11.14サンノゼ>

新日本プロレスは現地時間11月13日(土) 、カルフォルニア州サンノゼで有観客にて『BATTLE IN THE VALLEY』を開催。

メインではNEVER無差別級王者のジェイ・ホワイトに、石井智宏が挑戦した。

試合はジェイの巧みなインサイドワークに苦戦した石井であったが、最後は執念の垂直落下式ブレーンバスターでジェイをマットに沈めた。

石井が歴代最多となる6度目のNEVER無差別級王座戴冠を成し遂げた。

『BATTLE IN THE VALLEY』
日時:2021年11月14日(日) 19:00開場 20:00開始
会場:アメリカ・San Jose Civic(カルフォルニア州サンノゼ)

▼第8試合 60分1本勝負
NEVER無差別級選手権試合
<チャレンジャー><第33代チャンピオン>
vs
石井 智宏 結果結果 ジェイ・ホワイト
※2度目の防衛戦
28分40秒  垂直落下式ブレーンバスター→片エビ固め

※石井が王座奪取に成功。第34代王者となる。

 

■試合後バックステージコメント

石井「これで……」

※オカダ、ロッキーが拍手をしながら、入って来る。

オカダ「おめでとうございます!」

ロッキー「コングレッチュレーション! シン・チャンピオン!」

※オカダ、ロッキーと拳を合わせて祝福する。

石井「ヨシ。もう一回言うぞ?これで、2月からモヤモヤしたモノが少しは晴れたな?それからジェイ!こっち来て、だいぶ変わったんじゃねえか? わかったんだろうな。セコンドを使う、モノを使う、レフェリーを潰しす……、これがどんなにくだらねえプロレスか。よくわかっただろうジェイ、これがプロレスだ、おまえ。テメーの身体一つで、勝負すりゃそれでいいんだ。わかったか?よーし。(ベルトを掲げて)とりあえず、日本持って帰るぞ!」

ジェイ「イシイ…(激しく咳き込み始める)イシイ…イシイ…勝ったのはオマエだ。イシイの野郎…オマエが勝ったんだ。」

➡次ページ(写真ギャラリー)へ続く

<写真提供:新日本プロレス>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事

Pages 1 2