【新日本】ファンタズモがヒロムを撃破、試合後ジェイへ意味深発言!?デスペは金丸との同門対決を制す!SHOはワトを退け単独首位!『SUPER Jr.28』<11.29後楽園:全試合結果>

▼第5試合 30分1本勝負
「BEST OF THE SUPER Jr.28」公式戦
マスター・ワト ×(2勝5敗=4点)
vs
SHO 〇(6勝1敗=12点)
15分02秒  レフェリーストップ

■試合後バックステージコメント

SHO「(※ニヤニヤとした表情を浮かべながら)この前の“悪”に続いて、今日もまた1人、俺の死体コレクションが……」

「(※笑顔で両手を振り)いや、どういたしまして! 大丈夫、どういたしまして! そんな礼には、礼には及びませんよ。でも、いいことしたあとは気分いいね。メチャクチャ気分いいよ。俺は気分いいけど、マスター、いま疲れてるでしょ? メチャメチャ疲れてるはず。お前、絶対疲れてるよ」

「体じゃねえ、(※自分の胸を指して)ここだ。俺はな、お前のエネルギーをずーっとずーっと、チューチューチューチュー吸ってやってたんだよ。お前のように若くて純粋で野心溢れる男っていうのは、エネルギーの吸い取りがいがある」

「お前のエネルギーと俺のエネルギーが反比例していく様子は最高に快感だったよ」
 
 

ワト「(※ヤングライオン2人に肩を貸してもらいながらコメントスペースに現れ、そのまま床に倒れて朦朧とした表情で)終わったのか…!? なんだ、この曲が流れているということはアレか? レンチか? 使ったな、お前…」

「思い出してきたよ。使ったな、お前。わかった。そういうことしたんだ…。俺はお前を許さねぇよ。あんなにやっても伝わんないか!? あんなにやっても目覚まさねえか!? 覚まさねえのか、目を……チクショウ! もうSHOさんなんて呼ばねえよ。SHO、お前はSHOだ! (※立ち上がりながら)新日ジュニア、そして『BEST OF THE SUPER Jr』を潰したお前を、俺は絶対に許さねぇ!」

「こんなことしたお前を許すわけがない! お前だけは絶対に許さないからな! アアアアア……潰してやるよ、次は!」

 

▼第6試合 30分1本勝負
「BEST OF THE SUPER Jr.28」公式戦
エル・デスペラード 〇(4勝2敗1分=9点)
vs
金丸 義信 ×(4勝3敗=8点)
15分10秒  ピンチェ・ロコ→エビ固め

■試合後バックステージコメント

デスペラード「(※崩れ落ちるようにフロアにヒザを着き)ああ、ハハ……ハハ、ハハ……。ハァ、ハァ、クソッ、すげぇーーーー。すげぇーーーーーーーーー!クソーーーーーーッ!」

「(※フロアへ仰向けになり)ああ、すげぇ、ハハハハッ……。痛ぇーーーー! クソー-----ッ! でもすげぇーーーーーッ! ああーーーーッ! すげぇな。こっちが出た分引いて、こっちが来ねぇのか思って1歩引いたら、3歩詰めてくるな。なんじゃ、ありゃ! ハッハッハ……。すげぇーーーーッ! ハッハッハ……。パートナーでよかったぁーーーッ!」

「ハァ、ハァ、ハァ、ああ痛ぇ……。シングルであれだけ余裕ありゃ、そりゃそうだ、俺が何やってようと全部見えるさ。ああビックリした! クソッ。でも、もしかしたら」

「(※ベルトをカメラに向かって突き出しながら)横にいるより、対角にいた方が面白いかもしんない。(※立ち上がって)勉強になりました。(※控室に歩を進めながら)クッソーッ……ああ痛ぇ……。(※ポツリと漏らすように)楽しかったぜ……」
 
 

金丸「やっぱ、シングルチャンピオン強ぇな。もちろんだけど、数年前とは全然違うわ」

「オイ、そしてなデスペラード、お前がベルト持ってるうちにな、挑戦させろよ、オイ。テメェが持ってるときじゃないと意味ねぇんだよ。オイ、わかったか?」

 

▼第7試合 30分1本勝負
「BEST OF THE SUPER Jr.28」公式戦
高橋 ヒロム ×(3勝3敗1分=7点)
vs
エル・ファンタズモ 〇(3勝4敗=6点)
23分14秒  サドンデス→体固め

 

■試合後のリング上でマイク

 

■ファンタズモ「“才能の無駄遣い”だって?コーラクエンに集まったオマエら、オレはたったいま、あることに気づいてしまった……。BULLET CLUBの過去の亡霊のことは忘れ、これからはBULLET CLUBの“リアル”フューチャーだけを見て進んでいくべきだってな!オレがこの『BEST OF THE SUPER Jr.』を制覇し、そのまま真っ直ぐ『WRESTLE KINGDOM』に進む。ジェイ、もしオマエがその舞台に上がらないと言うのなら……(意味ありげに肩をすくめ、マイクを投げ捨てる)」

■試合後バックステージコメント

※ファンタズモはノーコメント 


 
※ヒロムはヤングライオン2人に肩を担がれながら、無言のまま控室へ。

➡次ページ(写真ギャラリー)へ続く

<写真提供:新日本プロレス>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

Pages 1 2 3