【新日本】『SUPER Jr.28』ヒロムがDOUKIを撃破し、デスペと同率首位!石森がSHOとの同門対決を制す!YOHがファンタズモを破り6連勝の快進撃!<12.8八幡浜:全試合結果>

新日本プロレスは12月8日(水)、愛媛・八幡浜市民スポーツセンターで『WORLD TAG LEAGUE 2021 & BEST OF THE SUPER Jr.28』第19戦を開催。

今大会では『BEST OF THE SUPER Jr.28』公式戦の10回戦を含む全7試合が行われた。

メインの公式戦では高橋ヒロム(5勝3敗1分け)とDOUKI(2勝7敗)が対戦。

8月の復帰戦でも対戦したDOUKIに苦戦するも、最後はTIME BOMBで逆転勝利を収めた。

試合に勝利したヒロムはマイクを手に取り「オマエ、まだフリーで新日本のリングに上がってんのか?もう誰がどう見ても立派な新日ジュニアだぜ。またやろうぜ!」と対戦相手のDOUKIを称えた。

※全試合結果&試合後バックステージコメント全文掲載

『WORLD TAG LEAGUE 2021 & BEST OF THE SUPER Jr.28』
日時:2021年12月8日(水) 18:00開場 19:00開始
会場:愛媛・八幡浜市民スポーツセンター
観衆:518人

<試合結果>

▼第1試合 10分1本勝負
大岩 陵平 △
vs
藤田 晃生 △
10分00秒  時間切れ引き分け

■試合後バックステージコメント

藤田「まず、ここ地元・愛媛で初勝利を挙げられなかったことが、一番悔しいです。今の自分には、リングからお客さんの、応援してくれてる顔を一人ひとり見る余裕なんかありません。でも、愛媛の人の温かさや拍手を感じれて、ほんとにうれしかったです。もう一度、1から道場でも練習して、もっともっと強くなって、愛媛で、明日、松山(大会が)ありますけど、次もう1回帰ってくることがあったら、必ず自分が勝って、最後を締めたいと思います。ありがとうございました」

大岩「ここが藤田の地元とか関係ない。ただただ勝ちにいって、引き分けでした。それだけです。クソッ……。まだまだです。ありがとうございました」

 

▼第2試合 30分1本勝負
『BEST OF THE SUPER Jr. 28』公式戦
マスター・ワト 〇(4勝6敗=8点)
vs
BUSHI ×(4勝6敗=8点)
11分15秒  RPP→エビ固め
 

■試合後バックステージコメント

ワト「(※自らに言い聞かせるように)よしッ! 4勝目……。おとといの試合で、優勝は遠のいた。いやでも、俺は関係ない。そりゃもちろん、優勝したいって気持ちはずっと、ずーっと最初から変わんない。けど、難しい中でも俺は、全力で、気を抜かずに最後まで全力で闘っていく。BUSHIと最後、2勝先にされてて勝ちたかった相手だから、今日勝ったことはすごく、すごくうれしいです。よし、この調子で次、最後(の公式戦対戦相手は)DOUKI。2勝したからといって、俺は気を抜かない。最後の最後まで叩き潰す。どんだけDOUKIが強くても、俺は絶対に最後まであきらめずに闘ってやる。そして、勝つのは俺だ」

BUSHI「(※左ワキ腹を押さえるようにして引き揚げてきて、ガクッと片ヒザを着き)最悪だよ。なめすぎてた……。川人(ワト)、お前のRPP、初めてくらったよ。あと1試合、あと1試合でこの『(BEST OF THE)SUPER Jr.』、終わっちゃうんだよな。このまま、何も爪痕を残せないまま終わるわけにはいかないんだ。次につながる、何かを見つけないと……」

 

▼第3試合 30分1本勝負
『BEST OF THE SUPER Jr. 28』公式戦
ロビー・イーグルス 〇(6勝4敗=12点)
vs
金丸 義信 ×(4勝6敗=8点)
12分23秒  ロン・ミラー・スペシャル

■試合後バックステージコメント

ロビー「“I CAN’T”(できない)ではなく、“YES I CAN-EMARU”(イエス・アイ・キャネマル)と胸を張って言いたい。ドン・マーネル(PWAのレスラー)が聞いたらおもしろがるだろうな。一点集中攻撃もそうだし、相手へのダメージへの与え方もあいつの戦術は俺とよく似てる。だから優勝決定戦進出の明暗を分ける公式戦の一つとして、今日はとてもキツかった。でもこれこそ俺が『BEST OF THE SUPER Jr.』で望んでた理想通りの勝負だ。だからサンキュー、ノブ。サンキュー、カネマルさん。俺が思ってた通りにヒザを狙ってきて、ゴングが鳴る前から攻撃を仕掛けてきて、痛めつけてきた。すべて俺の予想通りだった。礼を言いたいくらいだ。次の最後の公式戦に100%の状態で臨むなんてフェアじゃないだろう。ダメージを負いながらビッグマッチに進むなんて、俺らしい展開じゃないか。ヒロムは今日のメインだな。今現在の成績はよくわからないが、俺より少し上か? 同点なのか? ヒロム、今年のメットライフドーム、俺はIWGPジュニアチャンピオンとしてベルトを懸けて全力で闘った上で、お前からギブアップを取った。『BEST OF THE SUPER Jr.』最後の公式戦の舞台はヒメジ、ヒョーゴ。全力で立ち向かう。10試合もやってきて体はもうボロボロだ。でも、何度も何度もこんな痛みは味わってきた。次でさらにもっとボロボロになるだろうけど、初めてのことじゃない。だから、もう準備はできてる。TIME BOMBの爆発は不発に終わる。(不発弾の)煙が消えたとき、そこに立っているのはただ一人、“スナイパー・オブ・ザ・スカイ”“タクティシャン”“ハイフライング・ヒットマン”“オジー・ウィズ・ザー・アモー”“サザン・クロス・シャープシューター”だ。最後の一発をお前に放つ。そして(ヒロムとの対戦が)が終わったら、優勝決定戦のためにもう一つ弾丸をリロードしないといけないな。オーストラリア、フィリピン、日本、アメリカ、イギリス、メキシコ、世界各国のファンが俺を応援してくれている。ロビー・イーグルスがこの『BEST OF THE SUPER Jr. 』を制覇する」

※金丸はノーコメント

 

▼第4試合 30分1本勝負
『BEST OF THE SUPER Jr. 28』公式戦
YOH 〇(6勝4敗=12点)
vs
エル・ファンタズモ ×(5勝5敗=10点)
14分32秒  ファイブスタークラッチ

■試合後バックステージコメント

YOH「(※長い沈黙ののち)選択肢はさ、一つしかねぇんだよ……。なぁ……なぁ……SHOくん…………ケンカしようぜ……」

ファンタズモ「(※フロアに座り込み、壁にもたれかかりながら)何だよこれは! サドンデスに自爆し、これで俺の『(BEST OF THE)SUPER Jr.』がおしまいだと? Oh、GOD! 皮肉なもんだぜ。これを見てるお前らに、なんて説明すればいいんだ? もしスポーツジムでワークアウト(ウエートトレーニング)したことがあれば、45パウンド(約20キロ)のプレートの重さはわかるよな。もしそれが自分の素足に落ちたとしたらどうなる? とてつもない痛みで叫ぶだろ。今まさにその状態だ。しかも俺は4カ月間、毎日その45パウンドの重みと痛みを感じながら闘ってた! いやまぁ、これはあくまでも例えだけど。
どうすりゃいいんだ……。でもまだ、残り一つある。ニュージャパンのリングで初めてシングルでやる相手だ。あいつには1回、RevPro(イギリスの団体)で試合をして俺が勝ってるし、タッグマッチでは何度も倒してきた。なのにあいつは、この俺がまだ一度も手にしたことがないIWGPジュニアヘビー級のベルトを現在巻いてる。俺は頭は良くないけど、このリングの流れくらいはわかってるよ。もし俺があいつに勝てば、ベルトに挑戦できる。最後の公式戦でエル・デスペラードに勝つ。それが何よりも大事だ。なんとしてでも勝つしかない……」

➡次ページ(後半戦)へ続く

<写真提供:新日本プロレス>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

Pages 1 2 3