「Re-プロレス愛」⑥(白A 荒井寿也)

白A

どうもこんにちは!「マホメド・アライJrJr.」です。今日はグラップラーモードでいってみたいと思います。

 

実は私、8月6日に誕生日を迎えましたので、ここで1つ抱負を!

「蝶のように舞い! イカのようにwetに・・・もといwitに! そんな感じに富んでいきたいです!はい。

 

是非ぜひ皆様!誕生日月間ですので「リングネーム」をプレゼントして下さい!!

 

さてさて! 前回からの続き「馬場さん猪木さん」でしたね!
ホント奇跡だと思いません??

 

この芸名のようなクオリティの苗字の二人が出会った事。

 

馬と猪。
そして2人ともプロレス界の象徴にまでなる。
ジャイアント馬場とアントニオ猪木。

 

いくら強くても「山田と山中」じゃダメだったと思いません? ほんとに! 例え苗字の前に、いかつい英語つけたとしても!
「クラウンマジェスタ山田」「グランドハイエース山中」
・・・・・・・・。
ねぇ!?
弱そうでしょ?
金髪、サングラス、日焼け、細身な感じでしょ?

 

そして、しかも! ジャイアント馬場は元プロ野球選手ですよ! そして方やアントニオ猪木はブラジルに移民してたし・・・・
何故この2人が出会ったのか?? いや~ホント奇跡。運命。

 

普通だったら交わる事無さそうじゃないですか?! 普通に考えたら。

馬場と猪木の縁を繋げた力道山が凄いのか?この名前は当たる! といって発掘したのかは分かりませんがね・・・・はい。
例え名前が良くても人気がなければね!!!! 強さと上手さと心強よさが無ければね! 世間にも通用しないでしょうからね。
あと、スター性と。

 

ところで、ジャイアント〇〇とかアントニオ〇〇みたいなリングネーム文化ってどこから来たんですかね?

 

意外と踏襲してるのってジャンボ鶴田とか?? くらい? 新日全日だと?

長州、藤波、前田・・・・天龍。などなど。使って無いし。ストロング小林とか・・・・まあ、ファイティング原田、イーグル沢井、ダイナマイト関西、ジャンボ尾崎、ジャイアント白田・・・・・・。
意外とネタ尽きたんだろうね・・・・。強いイメージのカタカナの・・・・・。

ハラペーニョ太田とかショーシャンク中山とかだとダメでしょ!?・・・・カタカナ(英語)ならなんでもいいって訳でもないだろうしね!
今後プロレス界に馬場、猪木クラスの雄が現れる事ってあるんですかね~?

 

もちろん時代性ってのもあったとは思いますよ・・・・。戦後、白黒TVの勢いと共にプロレスというコンテンツ!
外国人を倒す力道山。国民感情的にはアゲアゲのパーリーピーポーですよ。

 

そしてカラーテレビなどが現れ高度経済成長期の日本。そのゴールデンタイムにプロレス。そしてジャイアント馬場とアントニオ猪木。
これはスターになるしかない環境ですよ。
後、ホントもう奇跡なのは「16文の足」と「アゴ」でしょうね。
お互いビジュアル最高じゃないですか! とくに「アゴ」はズルい。

 

芸能界!? モデル?! で言うところの整形なみの仕上がりですよ。あの「アゴ」は。

 

「元気ですかー?」とか「元気があれば何でも出来る」とかね語録も素敵ですし、張り手とか最高じゃないですか!

 

行動、発想も凄いんですよ寛治さんは・・・・。

 

きっとあの「アゴ」には男のロマンが詰まってて

 

あの「16文の足」の裏には、男の「しわあせ」が刻まれているんでしょう。きっと。

 

しかしながら猪木って苗字めずらしいですよね。ネットで調べたら京都とか山口県近辺に多いみたいですよ!
多いといっても、かなり希少な苗字ですけどね。

 

全国の「猪木さん」はどんなあだ名をつけられてるんですかね?

 

全国の学校とか会社に「馬場と猪木」って苗字の方が同時に存在していたら奇跡ですよね~!!

 

コレが会社だったら明らかに社長か会長か人事か、わかりませんが・・・・意図的ですよね。絶対プロレスファンでしょうね。

 

あ、でも、猪木って苗字の人が入社してきたら、なんか「馬場」って苗字の人採用したくなりません?

 

すくなくとも、猪木って苗字の人を採用した後に「馬場」さんが面接受けにきたら採用率高くなりません?

 

自分が人事だったら、なんか採用しちゃうなぁ。

 

かな~り余談でしたが!!!!

 

今回はここいらで!また!

 

【荒井 寿也(アライ トシヤ)】

白A(SIRO-A)所属のパフォーマー。

「テクノサウンド」と「映像」そして「パフォーマンス」の融合を表現する次世代型エンタテイメント集団。

2015年、アメリカの人気オーディション番組、NBC「America’s Got Talent」に出場。Howard Sternら審査員の大絶賛を受け、セミファイナリスト

今後も既存のパフォーマンスの枠を超え、新しい表現を追及しいく。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事