【ノア】清宮海斗「苦悩の1年を乗り越え、2022年はノアの本当の中心になる」<1・1日本武道館決戦への道④>

プロレスリング・ノアは新年1月1日に日本武道館大会『ABEMA presents NOAH “THE NEW YEAR” 2022』を開催する。

2021年は悩んだ1年だったと振り返るも、元日興行で拳王のGHCナショナルのベルトに「来年のノア、スタートからオレがもってくぞ」と挑戦表明。その拳王戦へ意気込みを語ってもらった。

また、ライバルについてや武藤敬司、丸藤正道、杉浦貴などの上位世代に対して思う事、さらには黒コスチュームに変えた事による反応などについてもインタビューで明かしてくれた。

【2021年振り返り】

――まずは2021年思い出深い出来事や印象に残った試合について教えてください。

清宮海斗(以下、清宮) 悩んだ1年だったので…そうですね、思い出深いと言えば、NOSAWA選手との試合で流血があったりとか、今まで普通にきてたら経験してこなかったような事を経験した1年だったかなと思いますね。

――いろいろな経験をした清宮選手自身がスタイルチェンジというか、コスチュームも変わったりだとか、ヘアスタイルも金髪から黒髪に変えたりされたんですけど、心境の変化っていうのもこの1年ってすごくあったんじゃないかなと思うんですけど、すごく悩まれたっていう感じなんですかね。

清宮 そこが一番大きいですね。なんか今まで普通にというか、明るい景色をって言って、ずっと明るい感じでいってたのがもう明るい景色じゃないほう、真反対の部分に行ったので。それはまあ、今年1年はいろいろもがいてきましたね。

――ご自身的にスランプというようなイメージでしたか?

清宮 自分の中では、客観的にスランプとか考える次元じゃなかったですね、もう。

――わからない。

清宮 もう本当にプロレスって何なんだっていう。何が正しいんだっていう。なんか正解とかもずっと求めたりとか。何を考えてもいろいろ裏目に出るし、何もうまくいかないし、本当にあのときはキツかったですね。

――でも、スターになる人っていうのは必ず通る道ですよ、これは。

清宮 そうなんですか?

――武藤敬司選手ですら、やっぱりチャンピオンとなったときには、非常に試合の組み立てなんかも含めてファンをどうやって盛り上げていくのかっていう、そういうところも非常に悩んだという時期もあったということを伺っていますし、そういう部分では、誰しもがある意味通ってくる登竜門的なことを経験されているんじゃないかなと思うんですよね。足踏みという言い方はちょっと違うと思うんですけど、少しそういう自分の中で自分自身を見つめ直す時間があったことによって、また大きく成長されることのきっかけにもなると思うんですよね。

清宮 本当にこの経験が今、活きているっていう、そういう実感はありますね。

――今はもう迷いは吹っ切れたと言っていいんでしょうか。

清宮 はい。

――何か大きなきっかけや出来事ってご自身の中でありましたか。

清宮 出来事は、やっぱり試合ですよね。一番最初に武藤さんと試合したときに本当に無力感を感じたんです。あのとき脳震盪で、最後自分でギブアップしたのも本当に記憶がなくて…。もう自分が覚えてないまま試合に負けて、「なんだよ、これ」ってなって。そこで焦りとか、不安とか、プロレスに対するちょっとした怖さとか、いろんなものが出てきたんです。そこから這い上がってやる気持ちはあったんですけど、なかなかうまく歯車がかみ合わなくて…。その後のNOSAWA選手との試合で、頭を椅子でかち割られて。そこで「プロレスって何なんだ」って迷ってしまってですね、その後、もう一度NOSAWA選手との試合があったんですよ。そのとき、もうめちゃくちゃ自分の感情が出たんですよ。どうしても周りの意見とかも気にするようになっていて、こうしたら周りの人が喜ぶんじゃないかなとか、そういう気持ちが自分の中にあったんですけど、そのときに関しては、相手を倒すにはどうすればいいんだと。自分はこうしたいんだっていう、自分がこうしたいって気持ちが一番出てきたんですね、そのときに。

――それが闘う者の気持ちが全面に出たご自身のきっかけになった試合という感じですか。

清宮 今までのやっぱりちょっと形を気にしていた部分がそこで一気に弾けた感じはありましたね。

――清宮選手がノアの希望の星みたいにずっと見られていた2019年、看板を背負って頑張っていた時代から、潮崎さんにベルトが渡る1年があって。そして、今年っていうところがあって、もうノママットもだいぶ変わってきました。

清宮 本当にノアは今流れがすごい早いんでね。その流れというか、やっぱり勢いとか、そういう部分を俺が見せたいっていうのはありますね。

――主役に返り咲くぞ、というところですね。

清宮 はい。

次ページ:1月1日、日本武道館大会でのGHCナショナル選手権、拳王戦に向けての意気込み

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事

Pages 1 2 3 4