【DDT】火野裕士&ボディガーが12・26代々木でのKO-Dタッグ王座獲りに向け視界良好!「首洗って、覚悟して待っとけ」

 DDTプロレスが12月18日、名古屋国際会議場イベントホールで「DRAMATIC EXPLOSION 2021」を開催。同26日の東京・国立代々木競技場第2体育館でHARASHIMA、吉村直巳組が保持するKO-Dタッグ王座に挑戦する火野裕二、ボディガーがベルト獲りに向け自信を見せた。

 この日のセミファイナルで、火野、ボディガーは遠藤哲哉、岡田佑介と組み、8人タッグマッチでHARASHIMA、吉村、秋山準、納谷幸男組と対戦した。

 いわば急造コンビの火野とボディガーは、これといった連係技こそないものの、持ち前のパワーはプロレス界でも指折りの存在だ。火野は吉村のチョップを後ろに手を回して耐えて見せ、吉村の払い腰をバックドロップで切り返すなど、王者組との闘いを優位に進めた。

 試合は納谷がエグい角度のバックドロップで岡田を仕留めて、王者組が制したが、挑戦者組はチームの敗戦にもどこ吹く風。

 王者組と視殺戦を展開し、控室に戻った火野は「ウチらが負けたかもしれないけど、チャンピオンのHARASHIMA、吉村。あんな勝利で勝った気でおったら、そんなんで代々木でワシらに勝てるわけない」と、ボディガーは「今日はかなり手加減してやったけど、代々木では本気でいく。首洗って、覚悟して待っとけ」と自信たっぷり。

 一方、HARASHIMAは「僕たちのチームが勝ったけど、僕らは全然やり足りないし。火野、ボディガーにはやられた感があるんで。ボディガーってよく知らないんだけど、場外でやったら絶対にやり返してくるし。熱いものが見えてきました。26日、ガッチリやるだけです」と、吉村は「ええようにされましたね。次が本番。そこできっちり借りを返してやってやりましょう」と気を引き締めていた。

【大会名】DRAMATIC EXPLOSION 2021
【日時】2021年12月18日(土)
【会場】愛知・名古屋国際会議場イベントホール
【観衆】484人(超満員札止め)

▼オープニングマッチ 30分一本勝負
高尾蒼馬&○樋口和貞 vs 小嶋斗偉&高鹿佑也●
8分57秒 拷問カナディアン・バックブリーカー

▼第二試合 スペシャルシングルマッチ~DDTvsデラべっぴんプロレス 30分一本勝負
○赤井沙希 vs パピヨン朱美●
8分17秒 ケツァル・コアトル

▼第三試合 30分一本勝負
佐々木大輔&○MJポー vs 高梨将弘&岡谷英樹●
8分12秒 体固め
※デスバレーボム

▼第四試合 ハードコアマッチ 30分一本勝負
○勝俣瞬馬 vs ハイパーミサヲ●
15分34秒 片エビ固め
※サウナトランス・スプラッシュ・フロム・ラダー

▼第五試合 スペシャル6人タッグマッチ~DRAGONGATEルール 30分一本勝負
横須賀ススム&大鷲透&○平田一喜 vs クリス・ブルックス&アントーニオ本多●&彰人
13分48秒 体固め
※エゴイスト・ドライバー

▼第六試合 KO-D6人タッグ選手権試合~電流爆破デスマッチ 60分一本勝負
<王者組>男色“ダンディ”ディーノ&○飯野“セクシー”雄貴&今成”ファンタスティック”夢人 vs 大仁田厚&高木三四郎●&クロちゃん<挑戦者組>
9分58秒 体固め
※電流フェロモン爆破バット。第44代王者組が初防衛に成功。

▼セミファイナル 30分一本勝負
HARASHIMA&吉村直巳&秋山準&○納谷幸男 vs 火野裕士&ボディガー&遠藤哲哉&岡田佑介●
15分36秒 エビ固め
※バックドロップ

▼メインイベント スペシャル6人タッグマッチ~DDTvsBJW 30分一本勝負
竹下幸之介&○上野勇希&MAO vs 岡林裕二&青木優也&佐藤孝亮●
19分1秒 片エビ固め
※BME

<写真提供:DDTプロレスリング>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事