【DDT】12・26代々木でKO-Dタッグ王座を争うHARASHIMA&吉村と火野&ボディガーが火花!吉村「このベルトが似合うのは俺たち。絶対守ります」

 DDTプロレスが12月21日、東京・渋谷区のAbemaTowersで今年最後のビッグマッチ「NEVER MIND 2021 in Yoyogi」(同26日、東京・国立代々木競技場第二体育館)に向けて記者会見を行い、KO-Dタッグ王座を争う王者・HARASHIMA、吉村直巳と挑戦者・火野裕士、ボディガーが火花を散らした。

 所用により欠席したボディガーは「俺と火野やんが組んだら負けるわけないやろ。そのベルトは俺らがもらう。そういうこっちゃ」とのコメントを寄せた。

 火野は「2人ともいい選手よ。HARSHIMAさんは先輩やし、年齢の割に若々しく、ええ感じにやってると思う。吉村君もええ選手やけど、まだ何か物足りない気がして。この2人はチャンピオンとして全然やなと思ってる。このベルトを巻いてる火野やんとボディやん、想像してみてください。この2人が巻くより、似合ってるのはどっちかと? みんな、こっちやって言ってる。そういうこっちゃ」と自信たっぷり。

 HARASHIMAは「前哨戦でも当たって、とてもパワフルですごいフィジカルに秀でたチームだと思ってます。でもベルトに対する気持ち、タッグワークなどは絶対僕らの方が上なので、代々木ではガッチリ防衛したいと思います」と王座死守を誓った。

 吉村は「火野さんとボディガーさんが挑戦してくると聞いたときは、正直メチャクチャびびって。この2人が挑戦者として来るというのが信じられてなかったんですけど。前哨戦を重ねていくにつれ、火野さんが僕のことを、名前を覚えてくれた。それは僕のなかでは進歩した部分でもある。ボディガーさんとは(12・18)名古屋くらいしか当たらなかったですけど、見た目もいかついし、負けず嫌いやし。火野、ボディガー、絶対強いですよ。でもチャンピオンは俺たちやし、このベルトが似合うのは俺たち。それだけは間違いないので、絶対このベルトを守ります」と必勝を期した。

 火野とボディガーはタッグチームとしての経験が浅いが、火野は「組んだことはあまりないですけど。すごいですよ。ウチらのチームワーク。飲んだら朝まで飲んでますから。ただリングでタッグチームとして闘ってるだけのチームより、よっぽど深い絆があるんです。大丈夫です」と不安感を一掃する発言を残した。

 前哨戦を重ねた手応えについて、吉村は「こんだけ何回も試合をさせてもらってるんで。今、自分が思ってるのは、1ヵ月、2ヵ月前に思っていた火野裕士より、今の火野裕士は怖くないです」とキッパリ。

 吉村の変化に対して、火野は「彼が自分を怖くないというのは、たぶん自分のやさしさを知ってしまったんですかね。自分、実はやさしいんですよ。それが吉村君にばれてしまった。だからだと思います。でもリングに上がったら、それはまた違う話で。火野さんが怖くないと言った吉村。ちょっとやさしさを出し過ぎたなと、自分で失敗したと思ったから、この言葉を後悔させなあかんと思いました」と気を引き締めていた。

大会名:NEVER MIND 2021 in Yoyogi
日時:2021年12月26日(日) 開場13:30 開始15:00
会場:東京・国立代々木競技場 第二体育館

WRESTLE UNIVERSE presents KO-Dタッグ選手権試合
<王者組>HARASHIMA&吉村直巳 vs 火野裕士&ボディガー<挑戦者組>
※第71代王者組の初防衛戦。

<写真提供:DDTプロレスリング>

大会詳細は公式サイトにて
https://www.ddtpro.com/schedules/16452

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事