【ドラゴンゲート】堀口元気《第1弾》「プロレスに反対した母との約束~メキシコでのデビュー秘話」<プロレスTODAY増刊号>

ドラゴンゲートの堀口元気がプロレスTODAY編集部に来社し、ロングインタビューを実施。

キャリア24年目を迎える堀口は闘龍門2期生として1998年10月17日、メキシコでプロレスデビュー。

第1弾はプロレス入りを反対した母との約束、デビュー秘話や練習生時代の印象的な出来事、闘龍門時代の思い出を語ってもらった。

▼堀口元気のインタビュー動画はコチラから視聴可能▼

【プロレスとの出会い】

熊本で生まれ育った堀口は元野球少年として学生生活を過ごした。

プロレスとの出会いはある日、地元の体育館にSWSが来たことをキッカケに堀口の人生が動いた。

初観戦したプロレスに感動した堀口はプロレスに目覚め、熊本に来る団体は片っ端から観戦。

そしてある日、決意を固めた。

母一人子一人で育った堀口は高校の進路相談で初めてプロレスラーになりたいと決意を告げる。

それを初めて聞いた母は驚き、そして堀口に止めるように説いた。

しかし、堀口の熱意は変わらず、当時のSPWF(1992年6月、SWS崩壊後に元「道場・檄」道場主であった谷津嘉章が設立)に入団希望のアクションを起こした。

そして・・・・。

➡続きは動画でご覧ください。

【練習生時代の印象的な出来事】

高校卒業と同時にメキシコへ。当時はカルチャーショックで苦しくて日本に帰りたかったと語った堀口。

日本では起こりえない出来事が日常茶飯事。1期生との交流や異国の地で多くを吸収して学んだこと、それは“母との約束”であった。

➡続きは動画でご覧ください。

▼闘龍門1期生
マグナムTOKYO
CIMA
SUWA 
ドン・フジイ
———
ドラゴン・キッド
スペル・シーサー
K-ness.
※3選手は後に合流

▼2期生
神田裕之
堀口元気
新井健一郎
このまま市川

【闘龍門時代の思い出】

師匠であるウルティモ・ドラゴンからの指示で念願であったデビュー戦を迎えるも、もらったギャラはまさかの“タコス”!?

そして現地の慣例でデビューした選手はその日参戦している各選手へビールを振る舞うという習わしがあり、まさかの赤字デビューとなった…。

メキシコという異国の地でデビューを果たした堀口が現地での思い出、そして和製ルチャドーラーとしての心構えなど多くを語った。

➡続きは動画でご覧ください。

 

インタビュアー:山口義徳(プロレスTODAY総監督)

▼第2弾はこちら

【ドラゴンゲート】堀口元気《第2弾》「NATURAL VIBES結成秘話、ブレイブゲート1日天下の裏話、吉野・K-ness.引退、斎藤了GMへの秘密アピールとは?」<プロレスTODAY増刊号>

 

▼第3弾はこちら

【ドラゴンゲート】堀口元気《第3弾》「プロレス人生で学んだコンディション作りやメンタル面の整え方~今後の目標」<プロレスTODAY増刊号>

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事