【DDT】3・20両国でプロレス引退試合のLiLiCoが純烈・小田井涼平と夫婦タッグ結成!対戦相手のフェロモンズが乱入し記者会見が大混乱に

 DDTプロレスが2月11日、東京・墨田区の両国KFCホールで記者会見を開き、3月20日の東京・両国国技館で行う、タレント・LiLiCoのプロレス引退試合の対戦カードを発表。LiLiCoは夫で、男性コーラスグループ・純烈の小田井涼平、彰人とトリオを結成し、フェロモンズ(男色“ダンディ”ディーノ、飯野“セクシー”雄貴、今成”ファンタスティック”夢人)と激突。純烈のほかのメンバー3人(酒井一圭、白川裕二郎、後上翔太)はLiLiCo組のセコンドに就くことが決まった。

 15年8月にプロレスデビューしたLiLiCoはアイアンマンヘビーメタル級、DDT EXTREME、KO-D10人タッグ王座を戴冠するなどDDTマットで活躍したが、20年8月に左膝蓋(しつがい)骨を骨折し、プロレス継続が不可能となり、区切りとして引退試合を行うことになった。

 LiLiCoは「ずっと走り続けた私は1回止まることができました。そのときに、いつ私が一番輝いていたんでしょうかと。人生のなかで。すぐこの答が出たんですけど、プロレスやっていたとき、DDTのリングに上がっていたときが輝いていたし強かったし、気持ちも強かったし、整ってた。本当はプロレスを続けたかったんですけど、完治しないということなので。どうしても、もう1回だけ闘いたいとお願いしまして。やっぱり最後に闘うのであれば、私をずっと待っていてくれて、私を支えてくれてる主人の小田井に一緒にいてほしい。ダンスはしてるけど、そんなに運動は・・・。自分の足の爪も自分で切られない人なので、ちょっと難しいと思うんですけど、体が硬いという意味で。でも、なんとかしてそばにいてもらうことが、今回とても大事なことだと思って。彰人はタイプだからお願いしました。対戦相手についてなんですけど、ディーノとは、いろんな忘れられないことがあって、最後にいいんじゃないかと。アイツのアレを噛みちぎる気持ちでやりますので。絶対勝ちます」と必勝を期した。

 小田井は「LiLiCoが全盛期の頃、すごく整っていたと思うんですが、現時点で私は全く整っていません。正直プロレス未経験ですし、リングもステージとして上がったことがあるんですが、闘いの場として上がったとことはありません。僕はやるって言ったときに、正直やめてほしいなというのがホンネで。この状態で試合をするのが彼女にとって良いのか、夫として考えることがあるんですが・・・。ケガをして、すぐに病院に救急搬送されて、応急処置を終えて麻酔が覚めて、意識がもうろうとするなかで、処置をしてくれた先生と筆談でやり取りしていたんですけど。そのとき、『プロレスはできますか?』って、ボードに書いたんですね。今後やれるかどうかも分かりませんと伝えられて。『必殺技は足技ですか?』って聞かれたんですよ。『必殺技は変えてもらった方がいいですね』と言いました。それを聞いて、LiLiCoが安心しているのを見てるので、足技が必殺技じゃなかったとしても、闘えるという姿を見せてもらえるんじゃないかなと。ともに、彼女の左ヒザの代わりとなって闘いたいなと思います。頼りになるかわかりませんが・・・」と決意表明。

 タッグを組む彰人は「LiLiCoさんは何年も参戦してもらって、ベルトも持ってたぐらいDDTの歴史を語る上において忘れることができない、名が刻まれてる選手なわけです。(CyberFightの)副社長として、しっかり華を添えることができればなと思います。対戦相手がフェロモンズ。男色ディーノにあこがれてプロレスしてるんですよ。プロレス界で男色ディーノ、フェロモンズのことを一番知っているのが彰人だと思うんで、フェロモンズ対策は任せてください。しっかりLiLiCoさんに勝利を挙げてもらって引退してもらおうと思います」とアシストを誓った。

 純烈リーダーの酒井は「今日会見を開いている場所は、純烈にとって思い入れ深い覚悟が必要な場所でございまして。3年前にメンバーがスキャンダルを起こしたときに、謝罪会見を開いた場所でございます。その覚悟を背負うということは、ふだん着ている歌謡の衣装ではなく、あのときの衣装がいいんじゃないかと思い、約3年ぶりにこの謝罪会見用のスーツに袖を通したわけでございます。小田井さんがLiLiCoさんを守るためにリングに立つということ、それはもう本当に心から応援するんですが・・・。プロレスは命懸けの闘いとなりますので、ひょっとしたら小田井さんが純烈に戻ってこないかもしれない。純烈もメンバーとしては見守りながらも、ケガなく終えてくれという思いなんですけど。対戦相手がフェロモンズ、強烈な技を放ってくるディーノは仲間だったりもしますので、その強さはよくわかってる。小田井さんがこの闘いに挑むというのを、リーダーとしての気持ちとしては、僕のなかで、『小田井は死にました』という気持ちです」と、かつてスキャンダルでメンバーが脱退した際の会見での言葉を使いながらも心配げ。

 メンバーの白川は「LiLiCoさんはチャンピオンになってる方でもありますし、今回引退試合で、憎き男色ディーノさんと闘うということで、有終の美を飾っていただいて。愛する夫のために今度こそケガをしないで、パンケーキを焼いていただきたいなと思ってます。そして僕のなかでも『小田井は死にました』」と、後上は「小田井は無理をしてしまうというか、120パーセント、150パーセント、常にやり切るなかで。プロレスの試合で心配というか気になるんですけど、愛するLiLiCoさんの花道を勝利で飾っていただけるように。反面、僕の中でも『小田井は死にました』」と話した。

 ディーノ対策に関して、対戦経験のある酒井は「以前、男色ディーノとは純烈がまだ6人の時代にストリートの工場プロレスで対戦したことがありまして。見事に男色の技を食らったメンバーが、最初に脱退したんですね。あの危険な技で、ホントに一発でも食らったら、純烈が潰れるぐらいの破壊力があると思いますので。とにかく逃げていいから、食らわないでほしいです」とアドバイス。

 プロレスデビューに向けた今後の調整について、小田井は「スケジュールの相談をしながらでありますが、ステージの穴を開けない形で。そうなってくると、いろんなことをやる時間がないのが現実なので、イメージトレーニングから始めまして。ディーノさんの技の分析ですね。リーダーも言いましたけど、攻撃を食らったら脱退するかもしれないので。家にプロレスの先輩のLiLiCoがいますので、指南を受けて、少しずつですが本番に向けて体力をつくっていこうと思います」と語った。

「夫と一緒にリングに立つ喜びは?」と問われたLiLiCoは「プロレスデビューしたとき、こんなことにいつかなるって、誰かが言ったとしても、絶対信じなかったし、うれしいことでもあって。身体の大きさ、188センチとプロフィールに書いてあるんですけど、実は190センチあります。それだけでも安心感はすごくあるので、ここから1ヵ月、眠れないね。いろんな意味で」とコメント。夫婦の合体技について、LiLiCoは「当たり前じゃないのー! 合体しないでどうするのよー!」とキッパリ言い切った。

 質疑応答が終わると、フェロモンズの3人が乱入し、LiLiCoとディーノが口論。

 

 さらに乱闘に発展しかねない状況で、酒井が止めに入るが、ディーノが蹴り。さらに、セクシーシーソーで飯野が彰人に尻を食らわせ、机を使ったセクシートレインで、飯野の股間を酒井の顔に押しつけるハレンチ行為。ディーノは「よく覚えておけ、LiLiCo。テメェは3月20日、この姿になるんだ。人様の前に出られない。『もう撮らないで!もう私のことは放っといて!』っていう姿をさらしてやる」と捨てゼリフを吐いて退場した。

 3・20両国で、LiLiCo、小田井、彰人の3人は、果たして、この屈辱を晴らすことができるだろうか?

Judgement2022~DDT旗揚げ25周年記念大会~
日時:2022年3月20日(日) 開場12:30 開始14:00
会場:東京・両国国技館

LiLiCo引退試合
LiLiCo&小田井涼平&彰人with 純烈(酒井一圭&白川裕二郎&後上翔太) 
vs 
男色“ダンディ”ディーノ&飯野“セクシー”雄貴&今成”ファンタスティック”夢人

大会詳細は公式サイトにて
https://www.ddtpro.com/schedules/16654

〈写真提供:DDTプロレスリング〉

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事