【新日本】オカダが内藤との激闘を制しV2達成「さすが内藤哲也は強かったです。本当に50周年にいい防衛戦が出来た」

新日本プロレスは2月20日(日)、北海道立総合体育センター 北海きたえーるにて『新春黄金シリーズ』を開催。

『新春黄金シリーズ』
日時:2022年2月20日(日) 12:30開場 14:00開始
会場:北海道・北海道立総合体育センター 北海きたえーる
観衆:3,751人

メインではIWGP世界ヘビー級選手権試合が行われ王者オカダ・カズチカに内藤哲也が挑戦。

北の大地で現在の新日本プロレスを支える両者の一戦は熱く燃えた!

強いオカダに挑戦したいと希望していた内藤は前哨戦対決で怒涛の13連勝をマーク。

対する王者オカダは連敗中であったものの下を向くことなく、防衛戦で向かい合った。

両者が持てる限りの真向勝負を展開し得意技を互いに繰り出すもお互いが切り返しの連続に。

終盤になって内藤が奥の手スターダストプレスを披露するも3カウント奪取ならず。

内藤がバレンティアの体勢に入るもオカダは掟破りのデスティーノを決めた。

最後は気力を振り絞ったオカダが内藤のデスティーノを開脚式ツームストンパイルドライバーで切り返し、レインメーカーを勝負を決めた。

【試合結果】

▼第8試合 60分1本勝負
IWGP世界ヘビー級選手権試合
<第4代チャンピオン>
オカダ・カズチカ 〇
vs
<チャレンジャー>
内藤 哲也 ×
29分34秒  レインメーカー→片エビ固め

※オカダが2度目の防衛に成功

勝利を収めたオカダはマイクを手に取り「内藤さん、50周年にふさわしい相手、ふさわしい戦いでした。ありがとうございました!」と激闘を展開した内藤へ感謝を述べた。

続けて新日本プロレス始祖であるアントニオ猪木氏に対し「2年前のここで、猪木さんの名前を出したら、対談をしたり、新日本プロレスにビデオメッセージをくれたり、一歩ずつ新日本プロレスと猪木さん、先に進んでいってると思います。」

そして最後に「3月1日『旗揚げ記念日』、そして3月2日『NEW JAPAN CUP』、チャンピオンも出るんでしょう?50周年スペシャルでチャンピオンも出る、ジュニアも出る。じゃあ、俺の相手はさ、ジュニアチャンピオンじゃない?エル・デスペラードじゃない?毎年3月、ヘビーとジュニアの戦いをやってるなら『NEW JAPAN CUP』、ぜひご検討のほどよろしくお願いします。」と『旗揚げ記念日』に現IWGPジュニアヘビー級王者のエル・デスペラードを指名した。

➡次ページ(試合後バックステージコメント)へ続く

<写真提供:新日本プロレス>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事

Pages 1 2