「もっとリングは広いんですよ」フリーランスサミット『NOMADS’』夏すみれ、雪妃真矢、高瀬みゆき、山下りなが目指す大会とは?

フリーランスで活躍する山下りな、雪妃真矢、高瀬みゆき、夏すみれが2月25日に記者会見でフリーランスサミット『NOMADS’』(ノマズ)を5月20日新宿FACEで開催することを発表した。

開催発表のニュースはすぐに話題となり、海外のファンからも反応があるなど注目されている。そして、3月4日に行ったチケット即売会では長蛇の列ができ、チケットが残り少ないという情報も公式Twitterにて日々更新されている。

『NOMADS’』はフリーランスの、フリーランスによる、フリーランスの為の大会となっているが、4選手に今大会へ向けて会見後にどんな大会を目指しているのか話を聞いた。

①フリーランスサミット『NOMADS’』開催発表

――会見を終えた感想など、お一人ずつ伺えればと思います。今大会の発起人である夏さん(今大会にはProposer=提案者として参加)、今回この4人をまとめ上げたという感じですが、記者会見を終えてみてどうですか。

:「やっと言えた」と思いました。「早く言いたい!」と思っていたので。やっと言えました。私は2年前に(自主)興行を一度やっていて、意外と発表からが一番大変だと身をもって体感しているので。ここから一人1回は「やるなんて言わなきゃよかった」という波が多分来るなと思ってます(笑)でも、やっぱりそれを乗り越えたら、だんだんランナーズハイになってきて、最後、当日は終わったらもうパーッとなるのを、もう一回感じたかったので、今回はそれを4人で感じられるというのが、すごく楽しみに思っています。

――夏さん自身は、自主興行だとか、みんなでこうやって協力して自らが裏方に回ったりするというのは好きなんですか。

:そうですね。自主興行自体はもう2019年なので2年以上前にはなるんですが、最初は「こんなの無理だ」と思っていたんですが、いざ終わったときにすごく燃え尽き症候群というか、それ以降が「あ、終わっちゃったんだ…」というような、ずっと心に穴が空いたような状態でいたので、それを思ったときに、多分自分は、何かを企画したり裏方として動いたり、そういうことが好きなんだろうなということに気がつくことができたんですね。なので、今回の大会は、わりとスッと「裏方としてやろう」というのを決めました。

――皆さんからも「早く復帰してほしい」というように思っている部分もあると思いますけれども。

:復帰は…やっぱり、2年近く空いてしまっているので。お客様からお金をいただいて試合をする以上は、ある程度はちゃんと整えていかないとな、という思いがあります。

――また復帰されるのも楽しみにしていますので。

:ぜひ、その際にはまたよろしくお願いします。

――雪妃選手、いよいよ発表になりましたが『フリーランスのフリーランスによるフリーランスの為の大会』と説明されていましたけれども、お気持ち的にはどうですか。

雪妃:早く大会をやりたいなって思います。ひとまず発表できてスッキリしました。我慢していたのが、やっと公に動き出せるというのが楽しみです。「何かやろうよ」というようなことはずっと言っていたのに実現できずにいたのが、やっと形になるというのがすごく楽しみだし、実は自分はフリーランスになる前からずっと夏さんや山下さんに相談をさせてもらっていて。それが実際に自分がフリーランスになって、こうやって「一緒に興行やろう」となったのがすごくありがたいですし、楽しみだなと思います。

――フリーになってわりと早いタイミングで皆さんが集まって大会を開くことができるというのは夢がありますね。

雪妃:この話は年末ぐらいに出たんでしたっけ?(回りを見て)具体的には。

:そう、年末に純喫茶で話したんです。

――純喫茶とは渋いところですね(笑)

:そうなんです、雪ちゃんとは純喫茶で話したんですよね。一人一人個別に声をかけていって。

――高瀬選手もアクトレスガールズから、現在はフリーとして活躍されていますけれども、実際に発表されてみていかがですか。

高瀬:本当にみんなと同じで「やっと言えた」と。Twitterのアカウントとかも前々から用意がされていたわけですよ。「ああ、まだ触れてはいけない」「まだ誰にも言えない」「いつ公開できるんだ!」「ここにいるんだぞ!」みたいな(笑)

――本当に言いたかったんですね。

高瀬:言いたかったですよ。「待っててよ!みんな!」みたいな。ポスター撮影したり、ポスターができあがっていくなかで、「早く出したい、世に!」みたいな。

雪妃:「撮影しました」という「匂わせ」だけは、みんなが(笑)

――「匂わせ」は、やっていたんですね(笑)

高瀬:はい。アップしたい写真は沢山あるけど、まだピンのやつしかアップできない・・・とかって。それがこれから公開できるので楽しみです。

――いいですね。

雪妃:オフショットとかが公式Instagramとかにも上がってくるので。

――皆さんのいろんなショットが見られるという感じなんですね。

全員:はい。

――山下選手、今日こういう日を迎えましたが心境はいかがですか。

山下:ホッとしています。第一波、なんかホッとしています。私がたぶん一番メンタルが弱いので。

――そうなんですか!?

山下:「一緒にやる」っていうときは、大丈夫かなっていうのを多分終わるまで日々感じていくのが私じゃないかなって。でも多分そういうのも見越してちゃんと声をかけてくれた上で管理していただいているので(笑)

――昨日(2月24日)の『速報!バトル☆メン』では、これには触れていなかったですよね。

山下:触れる前に話題が変わってしまったので…

――なるほど。

山下:夏が猫を飼っているという(笑)

:一番いらんね、それは(笑)

――その話題だけちょっと出しましたよね。

山下:そうなんです。「あっ」と思って、「ゴメン」と思いながら次の映像に…

――本当は言うつもりだったんですか?

山下:言うつもりだったんです。

:どうつなげるつもりだったの(笑)

山下:夏が最近、猫を飼いだして…そんな夏すみれといろいろ発表ごとがあるので、というようなことを言おうとしたら、もう「猫飼ってるんです~パッみたいな感じで画面が変わってしまって…(笑)」

――ちなみに今日は何杯か(お酒)飲んでこられているんですか。

山下:飲んでいないです。

――そうですか。

山下:歯医者に止められました。

雪妃:今日、歯医者だったんですか?

山下:今日、歯医者行ってきて。

:あ、駄目だ、じゃあ。

山下:一応、会見前、「歯医者の直後は飲むのやめてね」って言われたので、この後は飲めます(笑)あれ?何て言おうとしたんだっけな?そう、フリーランスになって思ったのが、オファーだったりいろいろなことが受注なんですよね、要は。派遣だったりとか。だから、夏が自分で興行したあととか見ていて、本当にすごい人だなって私は思っているんですよ、夏さんを。だから、プロデュースとか裏で動いてくれているんですけど、実際に大会とかになってみんながすごく「こんなカード楽しいね」ってやっているのを見て、「ここで復帰したいな」って。「もっと本人が発信してほしいな」って私は思うし、もっといっぱい体動かしたいって、その原動力になりたいなとすごく思いました。興行をやるって言ってくれたのもすごくありがたいし、プレイヤーとしても裏方としても本当にプロレス界に必要な人物だと私は思っているので。もっと前向きにプロレス、プロレスってなってほしいなって思います。ここがまず第一歩かなと。もちろん家庭も大事ですし、これからも。と思っております。

――ちなみに今日はスーツで皆さんビシッとキメられていますけれど、誰がスーツでいこうって決めたんですか。

高瀬:いろいろみんなで、スーツか何かと言っていて。

山下:私服はないわなって(笑)

――私服はないわなと。

:ない、ない(笑)

――最終的には誰が何か言ったんですか?

:そこの感性は雪ちゃんが結構やっぱり、美的感覚とかは優れているので、撮影のときとかでも衣装のものとかは彼女が結構やってくれていますね。

――じゃあ、スーツで今日はみんなキメていこうっていうのは、そんな感じだったんですね。

雪妃:まあじゃあ、ちゃんとした格好だからスーツですかね、みたいな感じ。だけど色とかは浮きがないように、とかは、それぞれが。

――なるほどですね。

➡次ページへ続く

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事

Pages 1 2 3