【WWE】祭典「レッスルマニア38」の対戦カードが続々決定!中邑真輔はSDタッグ王座獲りに挑む!

WWE年間最大の祭典「レッスルマニア38(WM)」が日本時間4月3日(日)、4日(月)の2日間に渡ってテキサス州ダラスのAT&Tスタジアムで開催される。

4月3日(日)の注目カードは“キング・オブ・ストロングスタイル”こと中邑真輔がリック・ブーグスと共に王者ウーソズとSDタッグ王座戦で激突する。中邑は「俺たちが化学反応を起こしてSDタッグチームチャンピオンになってやるぜ!マジで!!!」と意気込むとジミー・ウーソとの前哨戦にも勝利。さらに乗り込んだロウではメイン戦後のウーソズを襲撃しており、WMでの王座獲りに期待がかかる。他にもロンダー・ラウジーと王者シャーロット・フレアーのSD女子王座戦や “ストーン・コールド”スティーブ・オースチンがゲスト出演する「KOショー」なども見逃せない。

4月4日(月)の注目カードはWWE王者ブロック・レスナーとユニバーサル王者ローマン・レインズの王座統一戦だ。絶対王者として君臨するレインズに対して、レスナーはロイヤルランブルを制覇して王座挑戦権を奪取するとエリミネーション・チェンバー戦ではWWE王座奪還に成功。さらにフォークリフトでレインズ率いるブラッドラインを襲撃するなど手段を選ばず抗争を展開している。両王者による負けられない勝者総取りの頂上決戦は必見だ。

さらにWMと同日となる日本時間4月3日(日)にはテキサス州ダラスのアメリカン・エアラインズ・センターで「NXTスタンド&デリバー」も開催。ダスティ杯を制した紫雷イオが王者マンディ・ローズに挑むNXT女子王座フェイタル4ウェイ戦は注目だ。

2日間の「レッスルマニア38」は日本時間4月3日(日)、4月4日(月)午前9時から、「NXTスタンド&デリバー」は日本時間4月3日(日)午前2時からWWEネットワークで配信される。

◆対戦カード(日本時間4月1日現在)


©2022 WWE, Inc. All Rights Reserved.

「レッスルマニア38」日本時間4月3日(日)午前9時(米国時間4月2日)

・王者シャーロット・フレアー vs. ロンダ・ラウジー(SD女子王座戦)

・王者ベッキー・リンチ vs. ビアンカ・ブレア(ロウ女子王座戦)

・ケビン・オーエンズのKOショー(ゲスト:“ストーン・コールド”スティーブ・オースチン)

・レイ&ドミニク・ミステリオ vs. ザ・ミズ&ローガン・ポール

・セス“フリーキン”ロリンズ vs. 未定(ビンス会長指名の対戦相手)

・ドリュー・マッキンタイア vs. ハッピー・コービン

・王者ウーソズ vs. 中邑真輔&リック・ブーグス(SDタッグ王座戦)

・コフィ・キングストン&エグゼビア・ウッズ vs. シェイマス&リッジ・ホランド

 


©2022 WWE, Inc. All Rights Reserved.

「レッスルマニア38」日本時間4月4日(月)午前9時(米国時間4月3日)

・WWE王者ブロック・レスナー vs. ユニバーサル王者ローマン・レインズ(王座統一戦)

・AJスタイルズ vs. エッジ

・サミ・ゼイン vs. ジョニー・ノックスビル(エニシングゴーズ戦)

・王者RKブロ vs. ストリート・プロフィッツ vs. アルファ・アカデミー(ロウタッグ王座トリプルスレット戦)

・王者カーメラ&クイーン・ゼリーナ vs. サーシャ・バンクス&ナオミ vs. リア・リプリー&リブ・モーガン vs.

ナタリア&シェイナ・ベイズラー(WWE女子タッグ王座フェイタル4ウェイ戦)

・パット・マカフィー vs. オースティン・セオリー

・ボビー・ラシュリー vs. オモス

 


©2022 WWE, Inc. All Rights Reserved.

「NXTスタンド&デリバー」日本時間4月3日(日)午前2時(米国時間4月2日)

・王者ドルフ・ジグラー vs. ブロン・ブレイカー(NXT王座戦)

・王者マンディ・ローズ vs. 紫雷イオ vs. ケイ・リー・レイ vs. コーラ・ジェイド

(NXT女子王座フェイタル4ウェイ戦)

・王者カーメロ・ヘイズ vs. サントス・エスコバー vs. ソロ・シコア vs. グレイソン・ウォーラー

vs. キャメロン・グライムス(NXT北米王座ラダー戦)

・王者インペリアム vs. クリード・ブラザーズ vs. MSK(NXTタッグ王座トリプルスレット戦)

・トマソ・チャンパ vs. トニー・ディアンジェロ

・LAナイト vs. グンター

・王者トキシック・アトラクション vs. ラケル・ゴンザレス&ダコタ・カイ

(NXT女子タッグ王座戦/キックオフショー)

===================================================

【関連サイト】

WWEネットワーク: http://network.wwe.com

 ※生放送終了後、ビデオオンデマンド方式で視聴可能です。

※WWEネットワークは英語でのサービスです。日本語字幕はありません。

===================================================

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加