【WWE】ジ・アンダーテイカーがWWE殿堂入りスピーチ「過去30年間、俺と旅を共にしてくれてありがとう」

米国現地時間4月1日(日本時間4月2日)にテキサス州ダラスのアメリカン・エアラインズ・センターで名誉殿堂「WWEホール・オブ・フェーム 2022」が開催されるとジ・アンダーテイカーは受賞スピーチで「過去30年間、俺と旅を共にしてくれてありがとう」とファンに感謝を述べた。


©2022 WWE, Inc. All Rights Reserved.

今年新たに殿堂入りしたスタイナー・ブラザーズ(リック&スコット・スタイナー)、シャーメルは本人、故人のシャド・ガスパード(ウォリアー賞)、ベイダーは代理の家族が登壇して受賞スピーチをすると、最後にジ・アンダーテイカーがビンス・マクマホン会長の紹介で登壇。


©2022 WWE, Inc. All Rights Reserved.


©2022 WWE, Inc. All Rights Reserved.


©2022 WWE, Inc. All Rights Reserved.

会場から「サンキュー・テイカー」チャントが鳴り響く中、妻、子供、両親、関係者、WWEレジェンドやスーパースターたちにエピソードを加えながら感謝すると「過去30年間、俺と旅を共にしてくれてありがとう」とWWEユニバース(ファン)にメッセージを伝えた。


©2022 WWE, Inc. All Rights Reserved.


©2022 WWE, Inc. All Rights Reserved.

さらにアンダーテイカーは最後に「WWE 殿堂入りして安らかに眠る」の決め台詞でスピーチを締めくくると会場は惜しみない拍手に包まれた。


©2022 WWE, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加