【後楽園ホール還暦祭】新日本vs全日本、両団体の看板タッグが入った6人タッグ対決はCHAOSが勝利!

格闘技の聖地である後楽園ホール60周年の還暦を祝うメモリアル大会が超満員の観衆を集めて16日(土)、東京・後楽園ホールで行われた。

今大会は「50周年 新日本プロレス+全日本プロレス」と銘打たれ、後楽園ホールの60周年と共に両団体の50周年を祝うメモリアル大会となった。

▼『後楽園ホール 60周年 還暦祭』
格闘技の聖地 後楽園ホール60周年。還暦を祝うメモリアル大会
「50周年 新日本プロレス+全日本プロレス」全6試合
▼日時:2022年4月16日(土) 16:00開場/17:00試合開始
▼会場:後楽園ホール
▼観衆:1,588人(札止め)

この日のセミでは、後藤洋央紀&YOSHI-HASHI&YOH vs 諏訪魔&芦野祥太郎&田村男児の両団体のヘビー級タッグ王者同士が入る6人タッグマッチの予定であったが、後藤&YOSHI-HASHIの毘沙門が直前でタッグ王座を失ってしまった。

注目の試合は後藤洋央紀と諏訪魔からスタート。

CHAOSは連携プレーを駆使し、全日本プロレス勢を攻める。

対する全日本プロレスは諏訪魔のパワーが爆発。

諏訪魔がYOHを軽々と抱えると高さのあるバックドロップが火を噴く。

続く芦野もYOSHI-HASHIにジャーマン一閃。

キャリア的には劣るものの田村も後藤相手に奮闘を見せた。

終盤になると孤立した田村に照準を絞ったCHAOSが連携プレーを駆使し激烈一閃を炸裂。

最後は後藤&YOSHI-HASHIの毘沙門が消灯で田村を撃沈。

<試合結果>

■第5試合 セミファイナル 6人タッグマッチ 30分1本勝負
後藤洋央紀(新日本)〇
YOSHI-HASHI(新日本)
YOH(新日本)
 VS
諏訪魔(全日本)
芦野祥太郎(全日本)
田村男児(全日本)×

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加