【新日本】シカゴ大会に海野翔太が登場、ジェイ・ホワイトと激突もブレードランナーに沈む!

新日本プロレスはアメリカ現地時間・4月16日(土)、 イリノイ州シカゴ・Odeum Expo Centerにてビッグマッチ『Windy City Riot』を開催した。

第6試合ではUS OF JAY OPEN CHALLENGEが行われ、ジェイ・ホワイトの対戦相手「X」として海外修行中の海野翔太が登場した。

リングに上がった海野はゴングを待たずにジェイを襲撃。

ジェイは場外へ回避、自分のペースで展開。しかし海野もジャーマンなどで攻め、デスライダーを狙うもジェイがこれを交わしてブレードランナーを見舞い3カウント。

バックステージにてジェイは「今日『WINDY CITY RIOT』で誰が俺の対角線に立つのか考えてたが、正直言って驚いた。この”US of JAY”ツアーで、お前がオープンチャレンジにかかってくるとはな。ショータ・ウミノ…ショータ、よく頑張ったじゃないか。ま、でもお前の相方であるモクスリーのおかげと言った方が早いか。あいつから挑戦するようにけしかけられたんだろ。そしてお前は果敢にも俺に挑戦を挑んできたが、結局のところ俺のレベルには届かなかった。だがショータ、あまり自分を責めるな。相手がこの俺じゃお前に勝ち目がないのは最初から分かってたことだ。モックス(モクスリー)に聞いたって同じことを言うだろう。あいつとは1度シングルでやったが、試合の結果がどうだったか聞いてみればいい。きっとまだ覚えてるはずだ」
「ショータ、お前は頑張った。Props to you!(お前はよく頑張った)。あとで何て意味なのか調べとけよ。よくやった!今ごろみんな『あの相手は誰だ?』って検索してるぞ。そしてこれからは『あぁ、世界最高のレスラー、ジェイと闘った相手か』と言われるようになるんだ」とコメント。

敗れた海野は「ハァハァ……。またゼロから……。リベンジしてやる!」とコメントした。

▼第6試合 30分1本勝負
US OF JAY OPEN CHALLENGE
×海野 翔太
vs
〇ジェイ・ホワイト
15分45秒  ブレードランナー→片エビ固め

〈写真提供:新日本プロレス〉

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加