【新日本】シカゴ大会に“超竜”スコット・ノートンが登場!BULLET CLUBメンバーと合体

新日本プロレスはアメリカ現地時間・4月16日(土)、 イリノイ州シカゴ・Odeum Expo Centerにてビッグマッチ『Windy City Riot』を開催した。

『Windy City Riot』
日時:2022年4月17日(日) 18:00(CT)開場 19:00(CT)開始
会場:アメリカ・Odeum Expo Center(イリノイ州シカゴ)
観衆:2,277人(札止め)

第4試合ではBULLET CLUB vs UNITED EMPIREの12人タッグマッチが行われた。

そしてそのカードの中に90年代の新日本プロレスで最強外国人の名を欲しいままにした“超竜”スコット・ノートンがBULLET CLUBメンバーとして登場し、場内を大いに沸かせた。

BULLET CLUBはカール・アンダーソン&ドク・ギャローズ&ヒクレオ&エル・ファンタズモ&クリス・ベイ&スコット・ノートンがチームを組み、UNITED EMPIREはジェフ・コブ&グレート-O-カーン&アーロン・ヘナーレ&TJP&カイル・フレッチャー&マーク・デイビスと対戦。

現在の新日本プロレスマットをパワーで蹂躙するジェフ・コブとノートンの新旧パワー対決や、元IWGPタッグ王者であるアンダーソン&ギャローズが現IWGPタッグ王者のコブ&オーカーンの絡みにも注目が集まった。

最後はカイル・フレッチャー&マーク・デイビス(オージー・オープン)がベイを捕らえ、合体技コリアリスで仕留め乱戦に終止符を打った。

 

▼第4試合 30分1本勝負
TJP
マーク・デイビス 〇
カイル・フレッチャー
アーロン・ヘナーレ
グレート-O-カーン
ジェフ・コブ
vs
クリス・ベイ ×
エル・ファンタズモ
ヒクレオ
ドク・ギャローズ
“ザ・マシンガン”カール・アンダーソン
スコット・ノートン
11分58秒  コリアリス→片エビ固め

➡次ページ(試合後バックステージコメント)へ続く

<写真提供:新日本プロレス>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

Pages 1 2