【WWE】ブレイカーがゲイシーを下してNXT王座防衛もローブ男たちに襲われて拉致

日本時間5月5日にNXTが配信され、ブロン・ブレイカーが「NXTスプリング・ブレイキン」で抗争するジョー・ゲイシーを下してNXT王座防衛に成功も試合後にローブ男たちに襲われて拉致された。


©2022 WWE, Inc. All Rights Reserved.

ブレイカーは父でWWE殿堂者リック・スタイナーを巻き込んで抗争するゲイシーとNXT王座戦で対戦するとゲイシーを投げ飛ばして「家族のお返しだ」と怒りを露わにして攻め込んだ。さらにゲイシーのレッグドロップやヘッドバット連打を浴びながらも、ショルダータックルやクローズラインから父譲りの飛び付きブルドックを叩き込んだ。


©2022 WWE, Inc. All Rights Reserved.
©2022 WWE, Inc. All Rights Reserved.

終盤にはブレイカーがゲイシーのエルボードロップやアラバマスラム、パワーボムと連続攻撃で追い詰められたが、最後はハンドスプリング・クローズラインを狙うゲイシーに渾身のスピアーを叩き込んで3カウント。ブレイカーがゲイシーを下して王座防衛に成功した。


©2022 WWE, Inc. All Rights Reserved.

しかし、試合後には赤マスクのローブ男たちにパイプ椅子で襲われると隠していた不気味な担架で拉致された。

WWEネットワーク: http://network.wwe.com

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加