【DDT】KO-Dタッグ王者のクリス&高梨が前哨戦でMAO組を制し防衛戦に弾み!「防衛した、その先はワールドツアーやりたい」

 DDTプロレスが5月6日、東京・新宿FACEで「Audience 2022 TOUR in SHINJUKU」を開催。同22日の東京・後楽園ホールで、MAO&朱崇花の挑戦を受けるKO-Dタッグ王者のCDK(クリス・ブルックス&高梨将弘)が前哨戦を制して、防衛戦に向け弾みをつけた。

 この日、MAOは勝俣瞬馬との「しゅんまお」でCDKと対戦。試合は4者が入り乱れためまぐるしい攻防となったが、「しゅんまお」が「俺たちのMADMAX」を狙うも高梨が阻止。クリスは2人まとめてのカッターで攻め込むと、CDKはMAOと勝俣をEverclearで丸め込んで3カウントを奪取。抜群の連係でCDKが王者組としての貫禄を見せつけた。

 高梨は「MAO!タッグと(DDT)UNIVERSALのタイトル決まって。俺と久しぶりに当たるのが楽しみだって? 俺もだよ。ここ2、3年、俺の気持ちがDDTから離れてしまってるんじゃないかって? それだけは否定させてもらうぜ。このDDTを引っかき回すのは、CDK、アントーニオ本多だ」とマイク。

 バックステージで高梨は「2本持ってるこのベルトを今後どうしていくか。防衛した、その先はワールドツアーやりたいな。タイ、シンガポール行きたいね。欧州も行きたい」と夢を膨らませた。

 MAOは「高梨さんのマイク、うれしかった。俺の本心に応えてくれた。(本格的な対戦は)タッグリーグ以来だったんですけど、タッグリーグのときって、全部短期決戦狙ってたから、ペースが速い試合になっちゃったから、じっくり当たったのは久しぶり。あっちも分からないですけど、俺のやってくることも分からないだろうし。この数年で俺のプロレスももっと変になってるから。変なプロレスをもっとぶつけていきたい」と話した。UNIVERSAL王座については、「DDTが誇る伝統ある、系譜のある、そして最後はユニバーサルになる、このベルトを守っていきたい」と言及した。

【大会名】Audience 2022 TOUR in SHINJUKU
【日時】2022年5月6日(金)
【会場】東京・新宿FACE
【観衆】172人

▼オープニングマッチ 30分一本勝負
秋山準&岡田佑介&○高鹿佑也 vs 火野裕士&納谷幸男&石田有輝●
12分25秒 チキンウイング・アームロック

▼第二試合 30分一本勝負
○飯野“セクシー”雄貴&男色“ダンディ”ディーノ with 今成“ファンタスティック”夢人 vs アントーニオ本多●&平田一喜
9分10秒 エビ固め
※セクシーギガスラッシュ

▼第三試合 こどもの日スペシャル!DDTeeeen!!チャレンジマッチⅠ 30分一本勝負
○上野勇希 vs イルシオン●
7分48秒 片エビ固め
※フロッグ・スプラッシュ

▼第四試合 こどもの日スペシャル!DDTeeeen!!チャレンジマッチⅡ 30分一本勝負
○遠藤哲哉 vs エル・ユニコーン●
14分14秒 片エビ固め
※旋回式トーチャーラックボム

▼第五試合 第46代KO-D6人タッグ王座決定トーナメント1回戦 時間無制限一本勝負
樋口和貞&坂口征夫&○岡谷英樹 vs 彰人&町田光&タノムサク鳥羽●
12分19秒 ノーザンライト・スープレックス・ホールド

▼セミファイナル 第46代KO-D6人タッグ王座決定トーナメント1回戦 時間無制限一本勝負
HARASHIMA&大鷲透&●吉村直巳 vs 佐々木大輔○&MJポー&KANON
18分18秒 ミスティカ式クロス・フェースロック

▼メインイベント CDKvsThe37KAMIINA! 30分一本勝負
クリス・ブルックス&○高梨将弘 vs MAO&勝俣瞬馬●
18分42秒 Everclear

〈写真提供:DDTプロレスリング〉

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加