『CyberFight Festival 2022』ノア対抗戦に向けて!DDT 小嶋斗偉&高鹿佑也【プロレスTODAY増刊号】

DDTプロレスリング小嶋斗偉(こじま とうい)&高鹿佑也(こうろく ゆうや)がプロレスTODAYに来社。

6月12日(日)に開催するビッグイベント『CyberFight Festival 2022』公式会見のすぐ後、冷めやらぬ熱でインタビューに応じた。

今大会ではオープニングマッチでプロレスリング・ノア岡田欣也&藤村加偉と対戦する2人。

普段では別ユニットとして活動する2人が対戦相手となる岡田&藤村と同席した公式会見を終えての感想、またDDTへ入団した想いなどを語った。


©CyberFight

【プロレスTODAY増刊号】

ゲスト:DDTプロレスリング
小嶋斗偉(こじま とうい)&高鹿佑也(こうろく ゆうや)

【大会名】CyberFight Festival 2022
【日時】2022年6月12日(日) 開場12:00 開始14:00
【会場】埼玉・さいたまスーパーアリーナ・メインアリーナ

▼オープニングマッチ NOAHvsDDT対抗戦 20分一本勝負
 岡田欣也&藤村加偉 vs 小嶋斗偉&高鹿佑也

▼インタビュー全編はコチラからご覧ください

①対抗戦に向けての意気込み

小嶋「僕は昨年のCyberFight Festivalで、怪我して負けて長期欠場をしたので、その悔しい気持ちを今回全部ぶつけようと思ってます。」

――昨年の怪我、大変だったみたいですね。

小嶋「試合中に肘を脱臼して・・でも試合は続いていたので我慢しながら続けるしかなくて。骨が外れたっていうのも分かったんですけど、力を込めて骨を戻しました。」

高鹿「会見でも言わせてもらったんですけど、今バーニングという歴史ある偉大なユニットに所属させていただいます。秋山さん、岡田さんに気持ちや技術を学んだり、遠藤さんに関しては合同練習以外にもジムでトレーニングを見ていただいたり、プロレスラーとして大事な事を教えていただいたりしています。DDTの方が勝っているというか、証明したいという気持ちが強いです。いつもはサウナカミーナとして対角にたっている小嶋さんとタッグをしっかり組んでノアを倒したいと思います。」

②対戦相手の印象
 プロレスリング・ノア 岡田欣也(おかだ きんや)&藤村加偉(ふじむら かい)

高鹿「岡田さんに関しては、浜口道場で一緒にスパーリングなどを行っていた時期がありました。藤村選手も偶然ではあるんですけど、デビュー戦を実は見に行っていたというどちらにも接点があるので意識している部分はあります。」

小嶋「岡田選手は前回のCyberFight Festival でも戦っているんですけど、あんなこと(合同練習の誘い)を言ってくると思わなくて。僕たちを完全に舐めてるなと、DDTを完全に舐めてるなと思いましたね。それが第一印象なので、本当に腹が立ってます。しつこいですよね。同じ事ばかり言ってきて。やらないって言ってるのに繰り返し言ってきましたよね。」

高鹿「秋山さんから教わってる技術は素晴らしいものだし、それを教わって僕も練習をずっと行ってきています。練習は異なるかもしれませんが僕たちは僕たちで考えてやっているので、ノアの練習しか知らないのに自分たちの練習の方がすごいような雰囲気を出されても、ちょっと・・。こちらはこちらで負けないという自信があります。なので、何も思わないというか・・・そこは揺るがない自信がありますよね。」

小嶋「合同練習をしましょうって勧誘ありましたけど、対抗戦なのに合同練習をしなくてはいけないのか意味が分かりませんでした。お互いの練習の成果を見せ合うというのがCyberFight Festival だと思うので、事前に一緒に練習する意味が分からないですよね。」


③DDT団体入りの経緯

小嶋「最初はドラゴンゲートを見てたんですけど、次にDDTを見てすごい魅力的だったんです。DDTは一興行でいろんなプロレスがあるんですよね。面白いプロレス、感動するプロレス、かっこいいプロレス・・・自分もその中でやりたいなと思って入りました。」

――当時、一番好きな選手はどなただったんですか?

小嶋「MAOさんです。独特なプロレススタイルで。」

――高鹿選手の団体入りの経緯はいかがでしょうか。

高鹿「それこそ秋山さんがいらっしゃった頃のノアを父親と一緒にテレビで見てまして。僕もともと野球少年でプロ野球選手になりたいと思っていたんですけど、プロレスを見て衝撃を受けたというか。地元でDDTがイベントプロレスをやるのを見る機会があって、男色ディーノ選手だったり、いろんな選手が会場内を回ったりしているのを見て・・」

–唇奪われませんでしたか?

高鹿「僕は大丈夫でしたね。ただ僕の友達が襲われてましたけど(笑)。で、DDTを見るようになって、プロレスっていいなと思ってプロレスラーになるんだったら基礎体力をつけなきゃなと思ったのでジムに入門しました。そしてデビューするならやっぱりDDTがいいなって思ったんです。」


④ユニットに対する思い(小嶋:サウナカミーナ・高鹿バーニング)

高鹿「テレビで見ていた憧れの秋山さんが、今自分に稽古をつけてくれているというのは本当にすごいと思っています。バーニングというユニットの名前の大きさというのもそれなりに感じますし、歴代の方を見てもすごい方ばかりですし、自分もそれに恥じないような存在にならなくてはと思っています。秋山さん、岡田さん、遠藤さんが指導していただける環境があるのは貴重だなと感じています。」

小嶋「サウナカミーナの先輩方達は本当に強くて、シングルやタッグのチャンピオンになったり結果を残してるんですよね。僕はまだ結果を残せていないので、先輩方にいつか追いつきたい・追い越したい、足手まといになりたくないと思っています。サウナカミーナとして強くなりたいと思っています。」

――小嶋選手も結構サウナがお好きなんですか?

小嶋「好きですね。最近は新宿の区役所前のホテルのサウナが好きですね。事務所も近いですし、新宿Face大会の前後にも寄りやすいですし。試合前は長くは入らないですけどね、疲れちゃうのでアップ程度に汗を流して休んで。リラックスできるので、それで試合に挑みますね。逆に試合後はもうがっつり入って、疲労を抜いて寝るっていう、それが一番気持ちいいですね。」


⑤最後に一言

高鹿「プレッシャーは感じてますけど、DDT代表として負けたくないという気持ちが強いし、絶対勝つというのは僕たち2人の中にあります。それをリングで証明できたらいいなと思っています。」

小嶋「僕はもう完全に今日の記者会見で、ノアの2人がDDTそして僕らを舐めてるのが分かりましたので、僕ら2人で絶対勝ちたいと思います。絶対勝ちます!」

■小嶋斗偉(こじま とうい)サウナカミーナ
・デビュー:2020年12月27日、東京・後楽園ホール
主なスポーツ歴はサッカー。デビューを前に秋山準から直接指導を受けるなど将来を嘱望される。デビュー戦が決定した際ゆっくりとマイペースな話し方でリング上から挨拶するも、今林APから「大嶋」と名前を間違えられると「小嶋だよ!」と大きな声でブチ切れた。2020年12月27日後楽園ホール大会にて岡谷を相手にデビューを果たす。

■高鹿佑也(こうろく ゆうや)バーニング
・デビュー:2021年4月11日、東京・後楽園ホール
学生時代は野球・レスリング・空手などを経験し、名門・アニマル浜口ジムでトレーニングを積みDDTに入門。新型コロナウィルスの影響で練習生期間が長引くも持ち前の根性でデビューにこぎ着けた。ヘッドコーチ秋山準の指導を直接受けている有望株。

 

「CyberFight Festival 2022」
日時:2022年6月12日(日) 開場12:00 開始14:00
会場:埼玉・さいたまスーパーアリーナ・メインアリーナ

▼オープニングマッチ NOAHvsDDT対抗戦 20分一本勝負
岡田欣也&藤村加偉 
vs 
小嶋斗偉&高鹿佑也

※大会詳細は特設サイトにて
https://series.cyber-fight.co.jp/

<インタビュアー:プロレスTODAY総監督 山口義徳>

【大会全カード】

▼STARTING BATTLE KICKOFF~DDT提供タッグマッチ 15分一本勝負
マッスル坂井&納谷幸男 vs 高尾蒼馬&平田一喜

▼STARTING BATTLE 2~TJPW提供10人タッグマッチ 15分一本勝負
ハイパーミサヲ&愛野ユキ&らく&原宿ぽむ&猫はるな vs 角田奈穂&桐生真弥&宮本もか&遠藤有栖&鳥喰かや

▼STARTING BATTLE 3~DDTvsガンバレ☆プロレス対抗戦 15分一本勝負
坂口征夫&赤井沙希&岡谷英樹 vs 大家健&まなせゆうな&渡瀬瑞基

※STARTING BATTLEは13:00頃開始予定。

▼オープニングマッチ NOAHvsDDT対抗戦 20分一本勝負
岡田欣也&藤村加偉 vs 小嶋斗偉&高鹿佑也

▼第二試合 TJPW提供6人タッグマッチ 20分一本勝負
山下実優&伊藤麻希&長野じゅりあ vs 乃蒼ヒカリ&鈴芽&荒井優希

▼第三試合 DDT提供8人タッグマッチ 30分一本勝負
飯野“セクシー”雄貴&男色“ダンディ”ディーノ&今成“ファンタスティック”夢人&彰人 vs 高木三四郎&ケンドー・カシン&青木真也&堀田祐美子

▼第四試合 プリンセス・オブ・プリンセス選手権次期挑戦者決定4WAYマッチ 30分一本勝負
辰巳リカ vs 瑞希 vs 上福ゆき vs 渡辺未詩
※この試合の勝者が7月9日東京女子プロレス大田区総合体育館大会にてプリンセス・オブ・プリンセス王座に挑戦します。

▼第五試合 NOAH提供10人タッグマッチ 30分一本勝負
杉浦貴&藤田和之&マサ北宮&稲葉大樹&谷口周平 vs  マイケル・エルガン&イホ・デ・ドクトル・ワグナーJr&レネ・デュプリ&サイモン・ゴッチ&Ⅹ
※この試合の「Ⅹ」は、6月7日プロレスリング・ノア後楽園ホール大会にて正体が明かされる。

▼第六試合 DDT提供8人タッグマッチ 30分一本勝負
HARASHIMA&吉村直巳&クリス・ブルックス&高梨将弘 vs 上野勇希&勝俣瞬馬&MAO&朱崇花

▼第七試合 NOAH提供6人タッグマッチ 45分一本勝負
ロブ・ヴァン・ダム&小川良成&HAYATA vs 清宮海斗&原田大輔&YO-HEY

▼第八試合 NOAHvsDDT対抗戦 45分一本勝負
遠藤哲哉&秋山準&樋口和貞 vs 丸藤正道&小峠篤司&稲村愛輝

▼第九試合 NOAHvsDDT対抗戦~スペシャルシングルマッチ 45分一本勝負
拳王 vs 佐々木大輔

▼セミファイナル プリンセス・オブ・プリンセス選手権試合 30分一本勝負
<王者>中島翔子 vs 坂崎ユカ<挑戦者>
※第10代王者3度目の防衛戦。

▼メインイベント GHCヘビー級選手権試合 60分一本勝負
<王者>潮崎豪 vs 小島聡<挑戦者>
※第38代王者は初防衛戦。

【配信情報】WRESTLE UNIVERSEにて14:00より生配信
https://www.wrestle-universe.com/lives/q81vbzvm1WYCM3drcqN8hB

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加