【DDT】樋口が遠藤、秋山と握手を交わし一致団結して、6・12サイバーファイトフェスでの“打倒ノア”へ!「これでノアを倒す準備が整った!」

 DDTプロレスが6月1日、東京・後楽園ホールで「What are you doing 2022」を開催。これまで遠藤哲哉、秋山準と一線を画していた樋口和貞が2人と握手を交わし、DDTとして一致団結。「CyberFight Festival 2022」(以下CFF=6月12日、さいたまスーパーアリーナ)での“打倒ノア”へ臨むことになった。

 イラプションの樋口は同大会で、バーニングの遠藤、秋山とトリオを結成し、プロレスリング・ノアの丸藤正道、小峠篤司、稲村愛輝組との対抗戦に挑むが、カードが発表された際から、ふだん敵対する2人とのタッグに難色を示し、不協和音が奏でられていた。

 この日はCFFに向けた試運転として、遠藤、秋山、樋口のトリオで出陣し、HARASHIMA、吉村直巳、高尾蒼馬組と対戦した。樋口は我が道をいって戦ったが、15分過ぎ、遠藤が場外のHARASHIMA、吉村めがけて、サスケスペシャルを見舞って2人の動きを止めた。

 ここで樋口が高尾にラリアット、ぶちかまし、ブレーンクロー・スラムを叩き込んで3カウントを奪取した。

 試合後、秋山が樋口に握手を求めると、坂口征夫が現れ、樋口に耳打ち。すると、意を決した樋口は秋山、遠藤と握手を交わした。

 遠藤は「これでノアを倒す準備が整った。待ってろ、ノア、丸藤。6月12日、俺たち3人から目を離すな!」とマイク。

 バックステージで樋口は「去年を思い出した。坂口さんに言われて確かにそうだなと。同じノアを倒す者同士。3人でノアのクビ、取ってやろうかと。この前、(5・30)川崎で戦った稲村もぶっ倒さないといけないし。3人でやりたいと思います」と吹っ切れた様子。秋山は「ノア、しっかりかかってこい。俺らがかかっていくんじゃない。小峠、ガタガタ言うな。オマエの相手は俺がしてやるから」と、遠藤は「丸藤、ヒザをケガして欠場してんだって? 万全な状態でさいたまSAのリングに上がってこい」と話した。

 また、DDT最強決定トーナメント「KING OF DDT 2022」の組み合わせが決定。6月16日、東京・新宿FACEでの1回戦は、(1)岡谷英樹VS HARASHIMA、(2)クリス・ブルックスVS吉村、(3)上野勇希VS KANON、(4)火野裕士VS佐々木大輔、(5)飯野“セクシー”雄貴VS MAO、(6)秋山VS坂口、(7)納谷幸男VS樋口、(8)遠藤VS高梨将弘。同19日、後楽園での2回戦は、(1)の勝者VS(2)の勝者、(3)の勝者VS(4)の勝者、(5)の勝者VS(6)の勝者、(7)の勝者VS(8)の勝者。2回戦終了後に準決勝(7月3日、後楽園)の組み合わせ抽選を行う。

【大会名】What are you doing 2022
【日時】2022年6月1日(水)
【会場】東京・後楽園ホール
【観衆】490人

▼ダークマッチ 10分一本勝負
△岡田佑介 vs 高鹿佑也△
時間切れ引き分け

▼オープニングマッチ Road to CyberFight Festival 2022!スペシャル6人タッグマッチ 30分一本勝負
男色“ダンディ”ディーノ&今成“ファンタスティック”夢人&○彰人 vs 高木三四郎●&青木真也&石田有輝
7分23秒 チキンウイング・アームロック

▼第二試合 アイアンマンヘビーメタル級選手権時間差入場バトルロイヤル~アイアンマンサバイバルランブルルール 時間無制限勝負
【試合経過】
①<王者>○川松真一朗 with 鈴木信達 vs ポコたん●<挑戦者>
2分54秒 体固め
※鈴木の正拳突き
②○平田一喜 vs タノムサク鳥羽●
4分16秒 オーバー・ザ・トップロープ
③<挑戦者>○平田一喜 vs 川松真一朗● with 鈴木信達<王者>
8分1秒 逆片エビ固め
※川松都議が防衛に失敗、平田が第1549代王者となる。
④<王者>△平田一喜 vs アントーニオ本多△<挑戦者>
9分22秒 ダブルフォール
※両者失格により、1人残りの大鷲透が第1550代王者となる。

▼第三試合 30分一本勝負
朱崇花&火野裕士&○納谷幸男&雪妃真矢 vs 坂口征夫&赤井沙希&岡谷英樹●&大和ヒロシ
12分46秒 体固め
※バックドロップ

▼第四試合 DAMNATION T.AvsThe37KAMIINA! 30分一本勝負
○佐々木大輔&MJポー&KANON vs 上野勇希&勝俣瞬馬&小嶋斗偉●
14分4秒 クロス・フェースロック

▼第五試合 DDT EXTREME選手権試合~セクシームービースタールール 60分一本勝負
<王者>○飯野“セクシー”雄貴 vs AKIRA●<挑戦者>
12分46秒 首固め
※第53代王者が2度目の防衛に成功。

▼セミファイナル スペシャル6人タッグマッチ 30分一本勝負
遠藤哲哉&秋山準&○樋口和貞 vs HARASHIMA&吉村直巳&高尾蒼馬●
16分8秒 体固め 
※ブレーンクロー・スラム

▼メインイベント DDT UNIVERSAL選手権試合 60分一本勝負
<王者>●MAO vs 高梨将弘○<挑戦者>
20分48秒 片エビ固め
※タカタニック。MAOが3度目の防衛に失敗、高梨が第7代王者となる。

〈写真提供:DDTプロレスリング〉

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事