【大日本】流血無双トーナメントは神谷が木髙、影山が宮本から勝利で1回戦突破!野村&阿部が関本&岡林と時間切れドローでタッグ王座防衛!6・27後楽園<全試合結果>

大日本プロレスは6月27日、「流血無双トーナメント開幕戦」後楽園ホール大会を開催し、デスマッチヘビー級新王者決定戦となる流血無双トーナメントでヤンキー2丁拳銃の木髙イサミを神谷英慶が、宮本裕向を 影山道雄が破り1回戦を突破した。

前王者のドリュー・パーカーの王座返上により、伊東竜二がデスマッチヘビー級新王者決定戦開催を提唱した「流血無双トーナメント」が開幕。全14選手がエントリー(兵藤が欠場)してこの日1回戦2試合が行われたが、メインイベントで神谷が木髙をバックドロップで沈め勝利。

そして、セミファイナルでは影山が宮本を画鋲ボードへの雁之助クラッチで3カウントを奪った。

また、第5試合のBJW認定タッグ選手権試合、王者組”アストロノーツ”野村卓矢&阿部史典と関本大介&岡林裕二の対決は30分時間切れ引き分けで王者組の防衛となった。

「流血無双トーナメント開幕戦」
後楽園ホール大会

日時:2022年6月27日(月)18:30 開始
会場:東京・後楽園ホール
観衆:374人

【試合結果】

▼メインイベント 流血無双トーナメント1回戦
雨過天晴デスマッチ 30分1本勝負
神谷英慶○ VS 木髙イサミ●
16分21秒 バックドロップ→片エビ固め
※2回戦で1回戦を不戦勝となった星野勘九郎と対戦

▼セミファイナル 流血無双トーナメント1回戦
画鋲デスマッチ 30分1本勝負
宮本裕向● VS 影山道雄○
10分29秒 画鋲ボードへの雁之助クラッチ
※2回戦で7.11札幌「石川勇希VSアブドーラ・小林」の勝者と対戦

▼第5試合 BJW認定タッグ選手権試合
30分1本勝負
<第58代王者組> 野村卓矢 阿部史典△ VS <挑戦者組> 岡林裕二△ 関本大介
30分0秒 時間切れ引き分け
※規定により第58代王者組が初防衛に成功

▼第4試合 有刺鉄線ボードタッグデスマッチ
30分1本勝負
塚本拓海 アブドーラ・小林○ VS 石川勇希● 若松大樹
8分47秒 源之助クラッチ

▼第3試合 凶器持ち込みタッグデスマッチ
20分1本勝負
伊東竜二 高橋匡哉● VS “黒天使”沼澤邪鬼 谷口裕一○
7分57秒 WARスペシャルwith有刺鉄線竹刀

▼第2試合 6人タッグマッチ
20分1本勝負
中之上靖文○ 浜亮太 加藤拓歩 VS 橋本大地 菊田一美 吉田和正●
7分24秒 逆エビ固め

▼オープニング6人タッグマッチ
15分1本勝負
関札皓太○ 吉野達彦 梶トマト VS 橋本和樹 永尾颯樹 星野良●
7分29秒 フロッグスプラッシュ→片エビ固め

流血無双トーナメント決定事項について団体より以下の発表があった。

①兵頭彰欠場につき星野勘九郎1回戦不戦勝
7.10新太平洋運輸株式会社屋外特設パーク大会でトーナメント1回戦への出場を予定しておりました兵頭彰選手ですが、血液の数値に異常が見つかったため当面欠場とさせていただきます。つきましては1回戦は星野勘九郎選手の不戦勝となり、星野選手は2回戦に進出し1回戦を突破した神谷英慶選手と対戦いたします。

②7.18後楽園ホール大会にてシード枠選手の出場決定
シード枠となっておりました塚本拓海選手と若松大樹選手のトーナメント初戦となります、2回戦の日程が7月18日(月祝)後楽園ホール大会に決定いたしました。

▼流血無双トーナメント2回戦(デスマッチ形式未定)
30分1本勝負
塚本拓海 VS 6.29清水「伊東竜二VS “黒天使”沼澤邪鬼」の勝者

▼流血無双トーナメント2回戦(デスマッチ形式未定)
30分1本勝負
若松大樹 VS 7.10新太平洋運輸「高橋匡哉 VS 谷口裕一 」の勝者

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加