【ドラディション】藤波辰爾vs棚橋弘至のシングル戦が12・1 藤波辰爾デビュー50周年記念ツアーファイナルに決定!藤波「記念大会にするということではなく、勝負に出る」

ドラディションは8日、都内にて記者会見を行い、藤波辰爾デビュー50周年記念ツアー最終戦となる12月1日(木)代々木大会のタイトルが『レック株式会社PresentsDRAGON EXPO1971』、さらにメインイベントの対戦カードが藤波辰爾デビュー50周年記念試合FINALとして藤波辰爾vs棚橋弘至が決定したことを発表した。

今大会は”昔”も”今”も輝き続けるプロレスの魅力に”時代の隔たりは関係ない”という想いを、「プロレスの進歩と調和」の合言葉に込めて、全てのプロレスファンに藤波辰爾が贈る「50年分の感謝の祭典」。昭和、平成、令和をリングで闘い続けてきた藤波だからこそ届けられる「プロレス万博」は、藤波がデビューした1971年に想いを馳せ、プロレスが持つ醍醐味を味わい尽くす大会とアナウンスされた。

1971年に日本プロレスでデビューし、1972年に新日本プロレス旗揚げに参加して以降、日本プロレス界を牽引し2021年にデビュー50周年を迎えた。 2021年10月からスタートした藤波辰爾のデビュー50周年記念ツアーは5月12日(木)に東京・後楽園ホールで開催、 10月22日(土)福岡・アクロス福岡、 10月30日(日)大阪・ATCホール、ファイナルが2022年12月1日(木)国立代々木競技場・第二体育館が決定している。

5月の後楽園ホール大会ではメインに出場予定であった藤波が新型コロナウィルス陽性判定となり欠場となってしまったが、このピンチに棚橋弘至が出場して大いに盛り上げた。

すると試合後に藤波がマイクを握ると「久々にシングルがやりたくなった。12月1日の代々木ではシングルをやろうかな」と発言。会場のファンの後押しもあり、棚橋も「過去最高の藤波さんのジュニア時代を超えるようなバキバキの身体で帰ってきます」と発言していた。

会見に出席した藤波は「5月の大会の時に自分自身が欠場という中で棚橋君に代わりに上がってもらって、最後の場面で自分がリングに上るということができたなかで、どうしてもリングに上ってしまうと今までずっと長い経験でつい、どこかにでも本音として自分の心の中にあったんでしょうね。」とシングルをしたいとの発言を振り返った。

そして「自分自身が言ったからには、ただ単に50周年にするんじゃなくて、何かを残さないといけないという。自分の中で勝負に出ていこうっていう。自分自身の中で現役を続行する意味ではいい機会ができたんじゃないかなと思う」と棚橋との対決へ意気込みを語った。

TATSUMI FUJINAMI 50t ANNIVERSARY THE NEVER GIVE UP TOUR FINAL
レック株式会社PresentsDRAGON EXPO1971
日時:2022年12月1日(木)開場 17:00開始18:30
会場:国立代々木競技場 第二体育館

【決定対戦カード】
メインイベント
藤波辰爾デビュー50周年記念試合FINAL 60分1本勝負
藤波辰爾(ドラディション)VS 棚橋弘至(新日本プロレス) 

会見では、9月8日より藤波辰爾公式LINEアカウントと公式You Tubeチャンネル『ドラゴンちゃんねる』がスタート、そして公式ファンクラブが10月からスタートすることも合わせて発表された。

▼各種詳細は公式サイトにて
https://www.dradition.jp/index.html

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加