【新日本】オスプレイがフィンレーを返り討ち!US王座防衛後、内藤とザックが挑戦表明しイギリスで挑戦者決定戦を提案

新日本プロレスは9月25日(日)、兵庫・神戸ワールド記念ホールにて3,150人の観衆を集め、「バーニング・スピリット」最終戦を開催した。

バーニング・スピリット
日時:2022年9月25日(日) 14:30開場 16:00開始
会場:兵庫・神戸ワールド記念ホール
観衆:3,150人

メインではIWGP USヘビー級選手権が行われ、王者ウィル・オスプレイにデビッド・フィンレーが挑戦。

試合は激闘の末、オスプレイが勝利し2度目の防衛に成功した。

<試合結果>

第9試合 60分1本勝負
IWGP USヘビー級選手権試合
<第16代チャンピオン>
ウィル・オスプレイ ○
vs
<チャレンジャー>
デビッド・フィンレー  × 
28分22秒  ストームブレイカー→片エビ固め

※オスプレイが2度目の防衛に成功

試合後、リング上に内藤が現れ次期挑戦をアピール。

そこへすかさずザック・セイバーJr.も登場し、同じくオスプレイに挑戦表明し、イギリス大会での挑戦者決定戦を提案すると、これを内藤も承諾。

王者オスプレイはあっ気にとられながらも「ナイトーでもザック・セイバーJr.でもどっちでもいいぞ。でも、オスプレイがベスト・チャンピオンだ!」と大会を締め括った。

➡次ページ(試合後バックステージコメント)へ続く

<写真提供:新日本プロレス>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

Pages 1 2