【CMLL】第2回女子版グランプリ会見で本間多恵、清水ひかり、駿河メイ、ダリス、ステファニー・バッケルが意気込み

28日、東京・原宿のmildom本社にて、メキシコ・CMLLの第2回女子版グランプリ(10月28日、アレナメヒコ)出場選手の記者会見が行われた。

出席選手は本間多恵、清水ひかり、駿河メイ(以上、日本代表)、ダリス(メキシコ代表)、ステファニー・バッケル(チリ代表)の5選手。

グランプリは、メキシコ軍と多国籍軍に別れ、残りの2選手になるまでトルネオ・シベルネティコ(CMLL式イリミネーションマッチ)で戦い、残った2選手で国籍関わらず決勝で争うというルールで行われる。

それぞれ、グランプリ出場に当たり次のようにコメントした。

本間多恵「(グランプリ出場は)すごいことになったと思ったのと、優勝したい気持ちでいっぱいになった。ダリスとはメキシコでも続きを戦いたいし、私が3年前にメキシコへ行くきっかけとなったマルセラも対角にいるので、その二人にはバチバチに戦って今の自分を見つけたいと思います。」

清水ひかり「自分はまず、メキシコへ行くことができなかったので、行けるようになったときに、メキシコに行けるーと言うのと、さらにアレナメヒコも行けるのーってすごくうれしかったです。メキシコではいろんなものを吸収して帰りたいです。戦いたい相手はやはり、ダリスですけど、ダリスが今、日本に来てるからこそスゲーというのが伝わってくるので今度は私たちがメキシコに乗り込んで日本スゲーと思わせたいです。」

駿河メイ「CMLL、しかもアレナメヒコという場所で試合ができるということを自分の人生の中で想像したことがなかったです。それが実現できることになった感動と、チャンスをくださってありがとうございますという気持ちです。日本を背負って試合してきます。メキシコやルチャにかかわるのも今回で初めてになるので、キャリアの多い選手、特にダリス選手と当たれたら一回でメキシコを感じれるので、ダリスと当たりたいです。」

ダリス「世界中の人々がアレナメヒコに注目していただけるのはとてもうれしく思います。そしてこの10月はCMLLにとって、女子がとても注目される重要な月です。ぜひ、CMLL女子にも注目してください。」

ステファニー・バッケル「チリ代表として、チリを背負って戦いたいと思います。今回のグランプリで優勝して、チリの名前を世界中に広めたいと思っていますので、期待していてください。」

また、9月25日に行われたCMLL日本女子戦、ダリス対本間多恵戦について、二人はそれぞれ次のように振り返った。

ダリス「これまでタエとは何回も戦ってきたけど今回は本当に強く感じた。私の知らない技もたくさんあって、でもタイトルを失いたくないので、一生懸命に戦いました。」

本間「負けたときは悔しい気持ちもめちゃめちゃ強かったですけど、それ以上にリスペクトの気持ちが強くなりました。でもこれで終わりではなくて、メキシコでも続きをしたいですね。今回の試合では、自分が持っている技を全部出し切りました。日本で初めて当たった時に衝撃的すぎるパワーボムで撃沈したので、今回は食らっちゃいけないと、その回避方法を研究していっぱい練習してきました。でも、最後はああいう形で終わったので、この敗戦をまた次につなげたいです。」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加