【全日本】永田がA猪木さんの遺影を持ち追悼10カウントゴング!試合も新日vs全日の若手が白熱の好勝負を披露

全日本プロレスは10月2日(日)、東京・後楽園ホールにて「2022旗揚げ記念シリーズ」を開催。

「2022旗揚げ記念シリーズ」
日時:10月2日(日) 11:30開始
会場:東京・後楽園ホール
観衆:821人

試合時間になると、10月1日(土)心不全で逝去されたアントニオ猪木さん(享年79歳)の追悼セレモニーが行われた。

セレモニーでは新日本プロレスの永田裕志が遺影を持ち、追悼の10カウントゴングが捧げられた。

セレモニー終了後、永田は第5試合に出場し、新日本プロレスのヤングライオンである中島佑斗&大岩陵平&藤田晃生と組み、宮原健斗&野村卓矢&井上凌&安齊勇馬組と激闘を繰り広げた。

若手勢が勢いのあまり喧嘩ムードになるも、ベテランの永田がうまくリード。

対する全日本プロレス勢も大日本プロレスの野村を加えた連合軍で、三冠王者・宮原を筆頭に激しく応戦。

試合は藤田が井上を捕らえ、逆エビ固めで試合を制した。

▼第5試合 全日本プロレス50周年記念特別試合in後楽園ホール 8人タッグマッチ
30分1本勝負
宮原健斗&野村卓矢&×井上凌&安齊勇馬
vs
永田裕志&中島佑斗&大岩陵平&〇藤田晃生
14分14秒 逆エビ固め

【全日本vs新日本】あすなろ戦士vsヤングライオンに後楽園が大熱狂!【全日本プロレス50周年記念特別試合in後楽園ホール】

試合後の翌日に永田は自身のTwitterで「おはようございますゼァ。昨日の全日本プロレスでの試合でうちの若手と全日本の若手の戦いが素晴らしかったです。猪木会長もあれを観たらきっと喜んでくれたのではないでしょうか。オフ日ですが、永田裕志最年長54歳、今日も頑張りますゼァ。」と心境を綴った。

<写真提供:伊藤ミチタカ氏>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加