【全日本】メインは世界ジュニア王座戦!青柳亮生がライジングHAYATOに勝利し初防衛に成功

全日本プロレスは10月2日(日)、東京・後楽園ホールにて「2022旗揚げ記念シリーズ」を開催。

「2022旗揚げ記念シリーズ」
日時:10月2日(日) 11:30開始
会場:東京・後楽園ホール
観衆:821人

メインイベントでは世界ジュニアヘビー級選手権が行われ、王者・青柳亮生にライジングHAYATOが挑戦。

世界ジュニアの王座戦がメインを張る「ゼンニチ新時代」

両者はスピーディーな試合展開で危険と隣り合わせの空中殺法で観衆を魅了。

試合は王者・青柳が意地を見せ、HAYATOから勝利し初防衛に成功した。

▼第7試合 メインイベント 世界ジュニアヘビー級選手権試合 60分1本勝負
【第63代王者】青柳亮生〇
vs
【挑戦者】ライジングHAYATO×
17分59秒 ファイヤーバードスプラッシュ→エビ固め
※青柳亮生が初防衛に成功

▼試合後バックステージコメント

試合後、青柳は自身のTwitterで「世界ジュニア初防衛戦大成功 これからの全日ジュニアを背負うのは青柳亮生だけじゃなく応援するみんな戦うみんななのかなと思いました! でもど真ん中は青柳亮生だ。全日ジュニアは俺たちに任せとけ!!」とツイート。

また王座防衛に成功した青柳は次期挑戦者にVOODOO-MURDERSの稔を指名し、10月23日(日)エディオンアリーナ大阪・第2競技場での2度目の防衛戦が決定した。

<写真提供:伊藤ミチタカ氏>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加