【東京女子】赤井沙希&荒井優希組が英国勢を退けプリンセスタッグ王座V2!“令和のAA砲”は長期政権を宣言

 東京女子プロレスが10月9日、TOKYO DOME CITY HALLでビッグショー「WRESTLE PRINCESS Ⅲ」を開催。プリンセスタッグ王者の赤井沙希、荒井優希(SKE48)組が英国の団体EVEから来襲したリア・オライリー、ナイトシェイド組を返り討ちにして2度目の防衛に成功し、“令和のAA砲”は長期政権を宣言した。

 初の外国人選手との対戦となった荒井は英国勢との対格差もあり、序盤は劣勢に回った。それでもパートナーの赤井がナイトシェイドに串刺しビッグブーツ、ダイビング・ボディアタックを見舞い反撃。

 10分過ぎ、蘇生した荒井はオライリーにドロップキック3連発からサソリ固めで絞め上げた。さらに荒井はナイトシェイドにエルボー連打で猛攻。“令和のAA砲”はオライリーにダブル新人賞を叩き込んで場外に排除。

 チャンスと見た荒井はナイトシェイドにビッグブーツ、Finally(カカト落とし)を繰り出して3カウント奪取した。

 バックステージで赤井は「日本の選手よりパワーも大きさも重さもありましたし、未知なとこもあったんですけど、一個一個階段をお互いに上がってるなって感じます。自分のことで精いっぱいだったので、あまり試合中に助けに入れなかったんでずけど、それでも優希ちゃんは頼もしくて。最後もやられた分、ちゃんとやり返せた」と満足げ。

 荒井は「今まで東京女子の選手としかほとんど絡んだことがなかったんで、見ないような技が急に出てきたり、まだまだ経験値として浅かったんだなって感じました。でもベルトは今ここにあるということで、ハッピーエンドになったと思う。いい経験だと思って、これからもっと強くなっていきたいと思います」と話した。

 今後について、赤井は「まだ次、誰が挑戦してくるか分からないですけど、自分たちの予定では、クリスマス、年越し、正月を一緒に過ごして、初詣して、バレンタインはこのベルトを同士を交換したいなって思います」と長期政権を見据えていた。

【大会名】WRESTLE PRINCESS Ⅲ
【日時】2022年10月9日(日)
【会場】東京・TOKYO DOME CITY HALL
【観衆】1007人(札止め)

▼オープニングマッチ 20分一本勝負
宮本もか&○長野じゅりあ vs 遠藤有栖&鳥喰かや●
9分24秒 体固め
※旋風脚

▼第二試合 20分一本勝負
上福ゆき&桐生真弥&●猫はるな vs 角田奈穂○&まなせゆうな&長谷川美子
12分11秒 片エビ固め
※紫電改

▼第三試合 15分一本勝負
○水波綾 vs 鈴芽●
11分5秒 片エビ固め
※ラリアット

▼第四試合 TDC(とっても・でっかい・チャンス)ルール 15分一本勝負
○瑞希 vs ハイパーミサヲ●
8分25秒 片エビ固め
※ダイビング・フットスタンプ・フロム・ラダー

▼第五試合 20分一本勝負
マックス・ジ・インペイラー&○辰巳リカ&愛野ユキ vs アジャコング&らく&原宿ぽむ●
12分48秒 片エビ固め
※スライディング・ヒップアタック

▼第六試合 20分一本勝負
山下実優&○伊藤麻希 vs 里歩&乃蒼ヒカリ●
13分44秒 伊藤デラックス

▼第七試合 インターナショナル・プリンセス選手権試合 30分一本勝負
<王者>●アレックス・ウィンザー vs 渡辺未詩○<挑戦者>
10分21秒 体固め
※ティアドロップ。ウィンザーが2度目の防衛に失敗、未詩が第9代王者となる。

▼セミファイナル プリンセスタッグ選手権試合 30分一本勝負
<王者組>赤井沙希&○荒井優希 vs リア・オライリー&ナイトシェイド●<挑戦者組>
16分57秒 片エビ固め
※Finally。第10代王者組が2度目の防衛に成功。

▼メインイベント プリンセス・オブ・プリンセス選手権試合 30分一本勝負
<王者>●中島翔子 vs 坂崎ユカ○<挑戦者>
22分44秒 片エビ固め
※魔法少女にわとり野郎。中島が5度目の防衛に失敗、坂崎が第11代王者となる。

〈写真提供:東京女子プロレス〉

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加