【東京女子】渡辺未詩がIP王座を奪取し初のシングル王者に!「このベルトと一緒に成長していけたら」

 東京女子プロレスが10月9日、TOKYO DOME CITY HALLでビッグショー「WRESTLE PRINCESS Ⅲ」を開催。プロレスとアイドルを両立するアップアップガールズ(プロレス)のメンバー・渡辺未詩がアレックス・ウィンザーを破り、英国に流出していたインターナショナル・プリンセス王座の奪還に成功。渡辺は初のシングル王座獲得となった。

 ウィンザーは7月9日、東京・大田区総合体育館で伊藤麻希を下して王座奪取。9月1日(現地時間)、英国EVEのロンドン大会で日本から乗り込んだ元王者・乃蒼ヒカリを退け初Vに成功した実力者。

 序盤はショルダータックル、エルボーの応酬。ウィンザーが低空ドロップキック、弓矢固め、トラースキックで攻め込めば、渡辺はショルダータックル、串刺しボディアタックで反撃。

 ウィンザーは旋回式ブルーサンダー、変型デスロックを繰り出した。負けじと渡辺はアバランシュホールドからジャイアントスイングでぶん回した。

ウィンザーはライガーボムを見舞うも、これをしのいだ渡辺はレーザービームからティアドロップを決めてピンフォールを奪った。

 これまで辰巳リカとのコンビでプリンセスタッグ王座に就いたことはあるが、シングル王座は初戴冠となった渡辺は「前にタッグのベルトを獲って以来、ずっと結果がほしいなって。ちょっとずつ階段を上ってる気はするけど、全然ベルトに結びつかなくて。シングルのベルトを獲ってない点で、比べられることが多いなってというのはあった。この夏を越して、ベルトを獲れて、運命を感じてるので。先輩たちに対して足りないって思った景色、経験を、このベルトがさせてくれるだろうし。このベルトと一緒に成長していけたらいい」と笑顔で語った。

 【大会名】WRESTLE PRINCESS Ⅲ
【日時】2022年10月9日(日)
【会場】東京・TOKYO DOME CITY HALL
【観衆】1007人(札止め)

▼オープニングマッチ 20分一本勝負
宮本もか&○長野じゅりあ vs 遠藤有栖&鳥喰かや●
9分24秒 体固め
※旋風脚

▼第二試合 20分一本勝負
上福ゆき&桐生真弥&●猫はるな vs 角田奈穂○&まなせゆうな&長谷川美子
12分11秒 片エビ固め
※紫電改

▼第三試合 15分一本勝負
○水波綾 vs 鈴芽●
11分5秒 片エビ固め
※ラリアット

▼第四試合 TDC(とっても・でっかい・チャンス)ルール 15分一本勝負
○瑞希 vs ハイパーミサヲ●
8分25秒 片エビ固め
※ダイビング・フットスタンプ・フロム・ラダー

▼第五試合 20分一本勝負
マックス・ジ・インペイラー&○辰巳リカ&愛野ユキ vs アジャコング&らく&原宿ぽむ●
12分48秒 片エビ固め
※スライディング・ヒップアタック

▼第六試合 20分一本勝負
山下実優&○伊藤麻希 vs 里歩&乃蒼ヒカリ●
13分44秒 伊藤デラックス

▼第七試合 インターナショナル・プリンセス選手権試合 30分一本勝負
<王者>●アレックス・ウィンザー vs 渡辺未詩○<挑戦者>
10分21秒 体固め
※ティアドロップ。ウィンザーが2度目の防衛に失敗、未詩が第9代王者となる。

▼セミファイナル プリンセスタッグ選手権試合 30分一本勝負
<王者組>赤井沙希&○荒井優希 vs リア・オライリー&ナイトシェイド●<挑戦者組>
16分57秒 片エビ固め
※Finally。第10代王者組が2度目の防衛に成功。

▼メインイベント プリンセス・オブ・プリンセス選手権試合 30分一本勝負
<王者>●中島翔子 vs 坂崎ユカ○<挑戦者>
22分44秒 片エビ固め
※魔法少女にわとり野郎。中島が5度目の防衛に失敗、坂崎が第11代王者となる。

〈写真提供:東京女子プロレス〉

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加