【DDT】樋口和貞&吉村直巳が佐々木大輔&KANONを破りKO-Dタッグ王座V2!樋口は「いつでもどこでも挑戦権」を行使した青木真也を返り討ち

 DDTプロレスが10月12日、東京・後楽園ホールで「Get Alive 2022」を開催。ハリマオの樋口和貞、吉村直巳組がダムネーションT.Aの佐々木大輔、KANON組を退けKO-Dタッグ王座のV2に成功。さらに、樋口はKO-D無差別級王座への「いつでもどこでも挑戦権」を行使した青木真也を返り討ちにして、同王座3度目の防衛を果たした。

 まず、KO-Dタッグ王座戦は、佐々木組がいきなり場外戦に持ち込むと、セコンドの藤田ミノル、MJポーを投入し、王者組をじゅうりん。樋口は一連の前哨戦でダメージを受けていた右腕に集中砲火を浴びた。

 リングに戻ってからは一進一退の攻防が続いたが、KANONがスリーピーホロウで樋口をぶん投げるも、樋口はぶちかましで逆襲。

 KANONのグラウンドコブラをカウント2で樋口が返すと、ラリアット相打ちから、樋口がぶちかまし。これをカットされると、樋口はブレーンクロー・スラムを叩き込んでKANONから3カウントを奪い王座を死守。

 ここで、同8日の千葉大会で「来週水曜(12日)に会いましょう!」と意味深な発言を残していた青木が現れて挑戦権を行使し、樋口は休む間もなくKO-D無差別級王座戦に突入。青木は樋口が傷めている右腕めがけミドルキック連打、キーロックで絞め上げた。

 樋口は左でのチョップで反撃。青木がミドルキック連打、グーパンチ、エルボーを叩き込むと、樋口は右のチョップで対抗。

 青木はトペ、卍固めで攻め込むも、飛びつき逆十字を狙ったところを樋口が強引に投げ捨てた。すかさず樋口が強烈なヘッドバットを見舞うと、青木は大の字に。危険とみなしたレフェリーが試合を止め、樋口がなんとか2連続防衛に成功した。

 30分を超える激闘を戦い終えた樋口が倒れたままでいると、同23日の後楽園でKO-D無差別級王座に挑む坂口征夫が登場し、「起きろよ、チャンピオン。これで面倒くさいこと終わっただろ。23日の後楽園、楽しみにしてるよ」とマイク。樋口は「気合入った。10月23日、後楽園。勝負だ! すべてを飲み込んだうえで俺が勝つ」と応じた。

 バックステージで樋口は「精魂尽き果てた。ダムネーションT.Aにはどんなことしてでも勝つという気持ちを教わった。青木さんには緊張感を与えてもらって、腕も上がらないですけど、昔を思い出させてくれた。ガムシャラにやってた頃を。カツを入れてくれた坂口さんにありがとうって。これですべて飲み込んだうえで坂口征夫の前に立てる」とコメント。吉村は「誰かが挑戦してくるなら真っ向から受けてやる。D王では樋口さんと反対のブロックだから、決勝は樋口VS吉村。今回は俺が優勝する」と話した。

 ベルト獲りならなかった青木は「完敗。強かった。樋口、遠藤(哲哉)、竹下(幸之介)、上野(勇希)はみんな強くて、もっと自信もって、このプロレス界、格闘技界の真ん中を歩いてほしい。いい戦いをさせてもらいました」と語った。

 10・8千葉でKO-D6人タッグ王座から陥落し、タッグ王座も奪取できなかった佐々木は「俺たちの手元にベルトが一つもない。吉村、D王で当たるな。シングルでぶち殺してやる。樋口、テメエの持ってるシングルのベルトも視界に入った。D王、必ず優勝して、樋口をぶち殺してやる」と吐き捨てた。

 無差別級王座に挑戦する坂口は「樋口、弱くなったんじゃない。前にKO-D6人タッグとタッグ、イラプションとディザスター・ボックスでダブルタイトル戦で30分以上やった。あんとき俺ら立ってた。何ひっくり返ってんだ、チャンピオン。こんなんで俺を楽しませることはできない。気合入れてやったんだ。覚悟もって。楽しみにしてるよ」と不敵な笑みを見せた。

【大会名】Get Alive 2022
【日時】2022年10月12日(水)
【会場】東京・後楽園ホール
【観衆】419人

▼オープニングマッチ 4WAYタッグマッチ 30分一本勝負
藤田ミノル&MJポー vs 飯野“セクシー”雄貴&今成“ファンタスティック”夢人 vs 岡田佑介&●高鹿佑也 vs 納谷幸男○&岡谷英樹
6分2秒 体固め
※チョークスラム

▼第二試合 Get Alive四大シングルマッチ!~遺恨清算!完全決着!ノーDQハードコアマッチ 30分一本勝負
○大鷲透 vs 平田一喜●
0分12秒 ラ・マヒストラル
▼再試合 30分一本勝負
●大鷲透 vs 平田一喜○
0分14秒 ラ・マヒストラル
▼再々試合 30分一本勝負
○大鷲透 vs 平田一喜●
5分31秒 エビ固め
※ノド輪落とし

▼第三試合 Get Alive四大シングルマッチ!石田有輝デビュー1周年記念試合~お戯れシリーズ第四章 30分一本勝負
●男色“ダンディ”ディーノ vs 石田有輝○
7分33秒 体固めdexi-noha
※レフェリー高木三四郎の投げ捨てひまわりボム

▼第四試合 Get Alive四大シングルマッチ! 30分一本勝負
○坂口征夫 vs 正田壮史●
7分48秒 TKO勝ち
※煉獄→レフェリーストップ

▼第五試合 大石真翔デビュー20周年記念試合~メンズクラブvsThe37KAMIINA!ノータッチルール 30分一本勝負
○大石真翔&MEN’Sテイオー&旭志織 vs 上野勇希&MAO&勝俣瞬馬●
10分48秒 エビ固め
※ルミナスプレス

▼第六試合 Get Alive四大シングルマッチ! 30分一本勝負
○竹田“シャイニングボール”光珠 vs 小嶋斗偉●
4分53秒 片エビ固め
※シャイニングドライバー

▼セミファイナル スペシャル6人タッグマッチ 30分一本勝負
○遠藤哲哉&秋山準&火野裕士 vs HARASHIMA&クリス・ブルックス&高梨将弘●
11分48秒 バックスライド

▼メインイベント KO-Dタッグ選手権試合 60分一本勝負
<王者組>○樋口和貞&吉村直巳 vs 佐々木大輔&KANON●<挑戦者組>
19分41秒 体固め
※ブレーンクロー・スラム。第75代王者組が2度目の防衛に成功。

▼緊急決定試合 いつでもどこでも挑戦権使用~KO-D無差別級選手権試合 60分一本勝負
<王者>○樋口和貞 vs 青木真也●<挑戦者>
10分57秒 TKO勝ち
※頭突き→レフェリーストップ。第79代王者が3度目の防衛に成功。

〈写真提供:DDTプロレスリング〉

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加