【DDT】10・23後楽園でのフェロモンズVS高木軍の完全決着戦で、高木軍が負けたら飯野が“1日社長”に就任!

 DDTプロレスが10月12日、東京・後楽園ホールで「Get Alive 2022」を開催。同23日の後楽園で行なわれる「フェロモンズvs高木軍完全決着戦FINAL~2vs5ハンディキャップマッチ」(飯野“セクシー”雄貴、男色“ダンディ”ディーノ組 with 今成“ファンタスティック”夢人VS高木三四郎、大鷲透、大石真翔、アントーニオ本多、彰人組)は、フェロモンズが敗れたら同軍は解散、高木軍が敗れたら、飯野がCyberFightの1日社長に就任する条件で決行されることが決まった。

 この日の第3試合で、ハリマオの新鋭・石田有輝のデビュー1周年記念試合が「お戯れシリーズ第四章」として組まれ、ディーノと一騎打ち。ディーノは石田のトランクスをはぎ取るが、何枚も履いていたため、なかなか脱がせることができず。最後の1枚をディーノが脱がせようとすると、石田は抵抗するも、自ら脱ぐと赤フン姿に。

 ここでディーノのトラースキックが木曽大介レフェリーの急所に誤爆し昏倒。今度は次に入った松井幸則レフェリーの急所にもディーノのトラースキックが誤爆。ディーノがリップロックからファイト一発。仲田悠翔レフェリーが入ろうとするも、レフェリーシャツを着た高木がこれを阻止してリングイン。ディーノが男色ドライバーを見舞うも、高木がカウントを2で止めた。そして、ディーノに投げ捨て式のシットダウンひまわりボムを見舞い、失神している石田にカバーさせ、超高速の3カウントを叩いて、石田がシングル初勝利を挙げた。

 高木は「ディーノ、オマエ弱くなったな。フェロモンズとかやってるから弱くなってるんだ。10月23日、オマエらを終わりにしてやる」とマイク。もともと、この完全決着戦にはフェロモンズの解散だけがかけられていたが、ディーノは「何で負けたら解散を一方的にかけなきゃいけないんだ。テメエらもリスク背負え。23日、フェロモンズが勝てば、飯野が1日社長だ。傾いた経営をセクシーに立て直してやるよ」と迫った。高木は「2VS5だろ。オマエらが勝つわけない。何でも飲むよ」と受諾。ディーノは「1日あれば会社がどうなるか楽しみだな。1日全権をフェロモンズが握ってやる」とニンマリ。

 両軍はこれまで何度も“最終決着戦”を行ってきたはずだが、いまだに決着には至らず。今度こそ本当に完全決着がつくのか注目が集まる。

【大会名】Get Alive 2022
【日時】2022年10月12日(水)
【会場】東京・後楽園ホール
【観衆】419人

▼オープニングマッチ 4WAYタッグマッチ 30分一本勝負
藤田ミノル&MJポー vs 飯野“セクシー”雄貴&今成“ファンタスティック”夢人 vs 岡田佑介&●高鹿佑也 vs 納谷幸男○&岡谷英樹
6分2秒 体固め
※チョークスラム

▼第二試合 Get Alive四大シングルマッチ!~遺恨清算!完全決着!ノーDQハードコアマッチ 30分一本勝負
○大鷲透 vs 平田一喜●
0分12秒 ラ・マヒストラル
▼再試合 30分一本勝負
●大鷲透 vs 平田一喜○
0分14秒 ラ・マヒストラル
▼再々試合 30分一本勝負
○大鷲透 vs 平田一喜●
5分31秒 エビ固め
※ノド輪落とし

▼第三試合 Get Alive四大シングルマッチ!石田有輝デビュー1周年記念試合~お戯れシリーズ第四章 30分一本勝負
●男色“ダンディ”ディーノ vs 石田有輝○
7分33秒 体固めdexi-noha
※レフェリー高木三四郎の投げ捨てひまわりボム

▼第四試合 Get Alive四大シングルマッチ! 30分一本勝負
○坂口征夫 vs 正田壮史●
7分48秒 TKO勝ち
※煉獄→レフェリーストップ

▼第五試合 大石真翔デビュー20周年記念試合~メンズクラブvsThe37KAMIINA!ノータッチルール 30分一本勝負
○大石真翔&MEN’Sテイオー&旭志織 vs 上野勇希&MAO&勝俣瞬馬●
10分48秒 エビ固め
※ルミナスプレス

▼第六試合 Get Alive四大シングルマッチ! 30分一本勝負
○竹田“シャイニングボール”光珠 vs 小嶋斗偉●
4分53秒 片エビ固め
※シャイニングドライバー

▼セミファイナル スペシャル6人タッグマッチ 30分一本勝負
○遠藤哲哉&秋山準&火野裕士 vs HARASHIMA&クリス・ブルックス&高梨将弘●
11分48秒 バックスライド

▼メインイベント KO-Dタッグ選手権試合 60分一本勝負
<王者組>○樋口和貞&吉村直巳 vs 佐々木大輔&KANON●<挑戦者組>
19分41秒 体固め
※ブレーンクロー・スラム。第75代王者組が2度目の防衛に成功。

▼緊急決定試合 いつでもどこでも挑戦権使用~KO-D無差別級選手権試合 60分一本勝負
<王者>○樋口和貞 vs 青木真也●<挑戦者>
10分57秒 TKO勝ち
※頭突き→レフェリーストップ。第79代王者が3度目の防衛に成功。

〈写真提供:DDTプロレスリング〉

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加