【新日本】タイチが川田に対戦要求「アンタまだ引退してねえんだろ?辞める前に俺とやれよ!」

新日本プロレスは10月16日(日)、新潟・長岡アオーレ大会にて『バトル・オータム ’22』第3戦を開催。

『NJPW WORLD認定TV王座決定トーナメント』1回戦として、SANADA vs タイチが行われた。

なおこの試合は特別解説ゲストとして川田利明が登場。

解説席でタイチの全日本プロレス時代の師匠にあたる川田利明が見守る中、ゴング。

試合は攻守が激しく入れ替わる中、残り3秒という所でSANADAがオコーナーブリッジをタイチに決め3カウントを奪取。

▼第8試合 15分1本勝負
『NJPW WORLD認定TV王座決定トーナメント』1回戦
SANADA ○
vs
タイチ ×
14分57秒  オコーナーブリッジ
※SANADAがトーナメント2回戦へ進出

敗戦したタイチは解説席に座った川田利明に詰め寄ると、なんと対戦要求を突き付けた。

現在はリタイア状態の川田に対し、タイチは「アンタ、まだ引退してねえんだろ?辞める前に、俺とやれよ!簡単に辞めさせねえぜ、身体作ってこい。辞める前に、俺と1vs1だ。わかったな? そのまま辞めるんじゃねえぞ、コノヤロー!」と対戦要求し退場した。

試合後バックステージでもタイチは川田に触れ「今日はさなやんの地元、そして解説席に訳分かんねえオッサンを座らせやがってよ。敗因はそのせいだ。二度と連れてくんな、あいつ!終わりにしろよ、さっさと!」

<写真提供:新日本プロレス>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加