【ガンプロ】勝村周一朗が11・3横浜でのガンバレ世界無差別級王座挑戦に向け「絶対に勝つ」と誓った!

 

ガンバレ☆プロレスの“リアルタイガーマスク”勝村周一朗が“難敵”ハートリー・ジャクソン攻略に自信を深め、地元・横浜での団体の至宝奪還を約束した。

 10月22日、東京・王子Basement MON☆STARにてガンバレ☆プロレス「パンチドランク・ラブ2022」がおこなわれ、勝村はそのメインイベントで岩崎孝樹とのタッグでジャクソン&諸橋晴也組と対戦した。

 11・3横浜ラジアントホール大会で勝村はジャクソンの持つスピリット・オブ・ガンバレ世界無差別級王座への挑戦が決まっており、今回はその前哨戦。地元・横浜でのタイトル奪還に燃える勝村はジャクソンの規格外のパワーに翻ろうされる場面もあったが、フロント・スリーパーや飛びつき腕十字であわやの場面を何度も作り出した。

 最後は岩崎のアシストもあり、諸橋を複合関節技のトリプルスリー3ロックで仕留めたばかりか、試合後も場外で暴れまわるジャクソンをリング内に引きずり込んで腕十字を極めてタップさせてみせた。

 試合後のコメントスペースで勝村は「見えた!」と繰り返した。「普通にやったら話にならない。何やっても効かない。一発一発の重さも違う」というジャクソンだが、「通じないこともあったけどやらなければいいだけ」と、あくまで自身がこれまでの格闘技生活で培ってきた武器で勝負するつもりだ。「スピードとスタミナとサブミッション、トリプルスリー3Sで、横浜で絶対に勝つ」と誓った。

【大会名】パンチドランク・ラブ2022
【日時】2022年10月22日(土)
【会場】東京・王子Basement MON☆STAR
【観衆】84人(超満員札止め)

▼第一試合 ガンプロ名物三大シングルマッチ 30分一本勝負
○今成夢人 vs 神崎ユウキ●
9分14秒 エビ固め
※タイガードライバー

▼第二試合 ガンプロ名物三大シングルマッチ 30分一本勝負
●渡瀬瑞基 vs 前口太尊○
7分13秒 KO勝ち
※顔面蹴り

▼第三試合 ガンプロ王子名物シークレット・キャプテンフォール8人タッグマッチ 時間無制限勝負
高尾蒼馬&まなせゆうな&春日萌花&<C>YuuRI vs 冨永真一郎<C>&HARUKAZE&水森由菜&長谷川美子

【試合経過】

①○まなせ vs 長谷川●
6分0秒 エビ固め
※回転エビ固めを切り返す。

②●春日 vs 冨永○
7分35秒 オーバー・ザ・トップロープ

③●高尾 vs みんな○
11分20秒 オーバー・ザ・トップロープ

④○まなせ vs HARUKAZE●
13分28秒 オーバー・ザ・トップロープ

⑤○まなせ vs 水森●
15分33秒 片エビ固め
※ラリアット

⑥●YuuRI vs 冨永○
17分34秒 エビ固め
※JK

▼セミファイナル ガンプロ名物三大シングルマッチ~大家健デビュー21周年記念試合~ 30分一本勝負
○大家健 vs 石井慧介●
14分8秒 片エビ固め
※ニールキック

▼メインイベント 11.3直前!スペシャルタッグマッチ! 30分一本勝負
ハートリー・ジャクソン&●諸橋晴也 vs 勝村周一朗○&岩崎孝樹
16分38秒 トリプルスリー3ロック

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加