【DDT】樋口和貞が“兄貴分”坂口征夫を退けKO-D無差別級王座V4!2023年3・30に4年ぶりの米国大会が決定

 DDTプロレスが10月23日、東京・後楽園ホールで「God Bless DDT 2022」を開催。KO-D無差別級王者・樋口和貞が“兄貴分”坂口征夫の挑戦を退け、4度目の防衛に成功。DDTの王者として、最強決定リーグ戦「D王 GRAND PRIX 2022」(11月1日、後楽園で開幕)に出場することになった。

 樋口と坂口は2019年12月末から今年7月上旬まで、同じユニット・イラプションで苦楽を共にしてきた間柄。同月3日の後楽園で樋口がKO-D無差別級王座を初戴冠すると、坂口はイラプションからの“巣立ち”を促し、樋口は吉村直巳とハリマオを結成しKO-Dタッグ王座にも就いた。

 この王座戦を前に、坂口は樋口の弱点は“心”として心理戦を展開。10・15札幌での前哨戦の後には、「この戦いが終わったら、イラプションに入れ」と投げ掛けるなど、樋口の心を揺さぶってきた。

 序盤、蹴りで先制攻撃を仕掛けた坂口はエプロンで三角絞め、場外でスリーパーで絞め上げ優位に進めた。樋口が怒涛のチョップ連打で反撃すると、坂口もミドルキックで応戦。

 坂口がミドル、ロー、ハイキックから腕極め式スリーパーで攻め立て、樋口の顔面に強烈な蹴りを見舞った。

 これで吹っ切れたのか、樋口は串刺しチョップ、ラリアットと猛攻。ブレーンクロー・スラムをかわした坂口は神の右ヒザを叩き込む。

 顔から流血した樋口はぶちかまし、チョップ連打からブレーンクロー・スラムでトドメを刺した。濃密な16分の激闘を制した樋口は坂口を起こすと、ガッチリ握手を交わし、抱擁した。

 坂口は「相変わらず強いな。容赦なく叩き込んでくれたな。吹っ切れたみたいでよかった。オマエなら大丈夫。吉村、石田(有輝)、オマエらいいユニットだ。この大将信じて、ついていってやってくれよ。俺も負けてられねぇ。赤井(沙希)、岡谷(英樹)、気合入れねぇと」とマイク。

 樋口は「坂口さん、アンタから叩き込まれたこと、自分なりに理解しました。赤井さん、いろいろ世話になりました。イラプションで受けた恩は忘れません」と返した。そして、入場時に持参したイラプション時代のガウンを岡谷に手渡した。

 イラプション勢が退場すると、樋口は「坂口征夫との戦いにたどり着くまで、肉体的、精神的にしんどかった。それを乗り越えて、今KO-Dのベルトを持っているのは樋口和貞です。そして、またD王がやってくる。ここも肉体、精神しんどいと思いますが、それでも立ち向かってぶち破っていきたいと思います」とD王を見据えた。

 バックステージで樋口は「自分と坂口征夫がKO-D戦を戦って俺が勝った。今思えるのはそれだけです。終わってみれば感謝です。このKO-D戦が決まってから、ここまで全部教えられた気がします。全部叩き込まれました」と安堵の表情。

 坂口は「負けた俺が言うのもなんだけどスッキリした。この1ヵ月内面攻めたけど、俺はああいうのは向いてない。ドーンといってドーンと散ったほうが…あれで疲れちゃった。(ハリマオは)いいチームだと思う。赤井、岡谷も今日見て、何かをつかみ取っていけばいい。ハリマオが気合入れば、うちら100点の気合入れてやります。負けてらんねぇ。まだまだ走っていかなきゃ」と前を向いた。

 また、DDTでは2023年3月30日(現地時間)に米カリフォルニア州ロサンゼルス・ウクライニアン・カルチャーセンターで「DDT goes HOLLYWOOD!」を開催することが決定。翌31日(同)には同所で「GCW VS DDT」全面対抗戦を行う。これは世界中の団体がハリウッドに集結するGCW主催イベント「The Collective 2023」のなかで開催されるもの。DDTの米国公演は2019年4月4日(同)、ニューヨーク州クイーンズ・ラ・ブーム大会以来、4年ぶり。高木三四郎社長は「毎年行きたかったんですけどコロナで振り出しに戻って。いろいろな発表があるので楽しみにしていただければ…。海外戦略はあきらめてない。(円安の影響で)米国で稼いで日本に持って帰る」と意欲を見せた。

 なお、今年最後のビッグマッチ「NEVER MIND 2022」(12月29日、TOKYO DOME CITY HALL)での“令和のAA砲”(赤井、荒井優希=SKE48)の対戦相手が、元アクトレスガールズの安納サオリ(フリー)、川畑梨瑚(T-HEARTS)組に決まった。安納は「魅せることはもちろん、強さも証明します」、川畑は「1年前に赤井沙希とシングルして、借りを返せてないので潰したいと思います」と意気込んだ。赤井は「両方シングルの経験があるんですけど、優希ちゃんには、ほかの団体の広さとか経験してほしい。梨瑚選手は“ぶっ潰す”と言ったんですよね?私とシングルで勝ったことないし、前回と変わってないと感じたら、すぐにでも返り討ちにします」とコメント。

【大会名】God Bless DDT 2022
【日時】2022年10月23日(日)
【会場】東京・後楽園ホール
【観衆】701人(超満員札止め)

▼ダークマッチ フェロモンズvs高木軍完全決着戦FINAL~解散コントラ1日社長!2vs5ハンディキャップマッチ 時間無制限一本勝負
飯野“セクシー”雄貴&○男色“ダンディ”ディーノ with 今成“ファンタスティック”夢人 vs 高木三四郎●&大鷲透&大石真翔&アントーニオ本多&彰人
7分39秒 片エビ固め
※飯野のCyberFight1日社長就任が決定。

▼オープニングマッチ 須見和馬デビュー戦 30分一本勝負
○平田一喜 vs 須見和馬●
8分48秒 逆エビ固め

▼第二試合 30分一本勝負
佐々木大輔&藤田ミノル&MJポー&○KANON vs 勝俣瞬馬&小嶋斗偉●&赤井沙希&岡谷英樹
12分8秒 片エビ固め
※スリーピー・ホロウ

▼第三試合 スペシャルタッグマッチ 30分一本勝負
HARASHIMA&●正田壮史 vs 高尾蒼馬&町田光○
10分56秒 片エビ固め
※居合パンチ

▼第四試合 スペシャル6人タッグマッチ 30分一本勝負
秋山準&岡田佑介&○高鹿佑也 vs 西村修&川松真一朗&石田有輝●
10分39秒 トライアングルランサー

▼第五試合 Road to D王GPスペシャル6人タッグマッチ 30分一本勝負
吉村直巳&火野裕士&○クリス・ブルックス vs 遠藤哲哉&MAO&納谷幸男●
15分22秒 ロールアップ

▼セミファイナル DDT UNIVERSAL選手権試合 60分一本勝負
<王者>○上野勇希 vs 竹田“シャイニングボール”光珠●<挑戦者>
15分24秒 片エビ固め
※WR。第8代王者が2度目の防衛に成功。

▼メインイベント KO-D無差別級選手権試合 60分一本勝負
<王者>○樋口和貞 vs 坂口征夫●<挑戦者>
16分12秒 片エビ固め
※ブレーンクロー・スラム。第79代王者が4度目の防衛に成功。

〈写真提供:DDTプロレスリング〉

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加