【DDT】“大鵬三世”納谷幸男が先輩MAOに豪快勝利で「D王」初白星!火野裕士は2連勝でBブロック単独トップに

 DDTプロレスが11月3日、横浜ラジアントホールでシングル最強決定リーグ戦「D王 GRAND PRIX 2022」第2戦を開催。Bブロック公式戦で、“大鵬三世”納谷幸男が先輩のMAOから豪快勝利を挙げ、リーグ戦初白星をマークした。

 納谷は“昭和の大横綱”大鵬さんを祖父に、大相撲元関脇・貴闘力氏を父にもつサラブレッド。初代タイガーマスク(佐山聡)に師事し、リアルジャパン・プロレス(現ストロングスタイル・プロレス)に入門し、2017年9月にデビュー。その後、2019年5月にDDTに移籍したが、なかなか頭角を現すことができなかった。一方のMAOは2015年8月にDDTでデビューしており、納谷より2年先輩にあたる。

 201センチ、110キロとスーパーヘビーの納谷に対し、MAOは180センチ、85キロでジュニア体型。体格的には圧倒的な差があるが、MAOは離れて戦い、ミドルキック、大阪臨海アッパー、パンチ連打で攻め立てた。納谷は串刺し式ボディアタック、チョークスラムで反撃。

 納谷のニーリフトをしのいだMAOはウラカンラナで丸め込むもカウントは2。納谷はバックドロップからニーリフトで決めにいくも、MAOはクリア。ならばと納谷は2発目のバックドロップで3カウントを奪取した。

 先輩超えを果たした納谷は「何をしてくるか分からない相手だったんですけど、どうにか勝つことができてよかった。次は(11・12大阪で)クリス・ブルックス。クリスも何してくるか分からないし、丸め込みされたりすると思うんで、対策して勝ちたい。このまま勝っていけば、決勝に進むチャンスもあると思うんで、しっかり勝っていきたい」と気を引き締めていた。

 MAOは「アイツ、俺のことすごく研究してきやがった。もっと簡単にやれると思ってたけど、甘くなかった。火野(裕士)さんと出会う前の納谷だったら余裕で俺の勝ちだったと思う。65%の力で勝てたと思うけど強くなった。オマエのリアルなジャパンを見せてもらった。今回のD王は(相手が)デカいので、反省します。僕が一番軽いんで。創意工夫だけで戦っていきます」と話した。

 また、この日、火野はKANONと公式戦で対戦。両者は出身団体は違うが、ともに師匠(TAKAみちのく)が同じとあって、兄弟弟子のような関係だ。KANONはドロップキック、コブラツイストで攻め立てるも、火野は強引にスタンドでのドラゴンスリーパーで絞め上げてギブアップを奪った。

 開幕から2連勝で勝ち点を4に伸ばし、Bブロックの単独トップに立った火野は「義理の弟よ、ダムネーション(T.A)みたいな悪いチームに入ったんやから、もっと悪いことしてきたらええのに。こんなんじゃワシには勝てへんぞ。でも、オマエのオリジナリティあるコブラツイスト、なかなかよかった。また遊ぼうや」と余裕のコメント。

 これで2連敗となったKANONは「火野裕士、ああいうのをもってるのね。2敗しちゃった。次(11・5横浜=昼の部)はMAO。何してくるか分からない。楽しみだね」と話した。

【大会名】D王 GRAND PRIX 2022 in Yokohama【DAY1】
【日時】2022年11月3日
【会場】神奈川・横浜ラジアントホール
【観衆】235人(超満員)

▼オープニングマッチ 30分一本勝負
秋山準&○岡田佑介&高鹿佑也 vs 高尾蒼馬&小嶋斗偉●&正田壮史
9分11秒 体固め
※サドンデス

▼第二試合 HARASHIMAプロデュースマッチ~目隠し乳隠しタッグデスマッチ 30分一本勝負
●HARASHIMA&平田一喜 vs アントーニオ本多&勝俣瞬馬○
10分40秒 ブラジャー剥ぎ取り

▼第三試合 Bブロック公式リーグ戦 30分一本勝負
○火野裕士<2勝4点> vs KANON●<2敗0点>
8分16秒 ドラゴンスリーパー

▼第四試合 Bブロック公式リーグ戦 30分一本勝負
●MAO<1勝1敗2点> vs 納谷幸男○<1勝1敗2点>
11分49秒 片エビ固め
※バックドロップ

▼第五試合 30分一本勝負
樋口和貞&吉村直巳&●石田有輝 vs RSP○&クリス・ブルックス&高梨将弘
12分19秒 片エビ固め
※GTF

▼セミファイナル Aブロック公式リーグ戦 30分一本勝負
○上野勇希<1勝1敗2点> vs ジョーイ・ジャネラ●<1敗0点>
10分1秒 片エビ固め
※BME

▼メインイベント Aブロック公式リーグ戦 30分一本勝負
△遠藤哲哉<1勝1分3点> vs 佐々木大輔△<1分1点>
時間切れ引き分け

〈写真提供:DDTプロレスリング〉

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加