【DDT】“カリスマ”佐々木大輔がRSPに敗れ「D王」脱落危機!「俺のD王は終わった」

 DDTプロレスが11月5日(昼の部)、横浜ラジアントホールで「D王 GRAND PRIX 2022」第3戦を開催。AブロックでエントリーしたダムネーションT.Aの“カリスマ”佐々木大輔が同団体初参戦の“オハイオの悪魔”RSP(リッキー・シェイン・ペイジ)に敗れ、決勝進出争いから脱落する危機に瀕した。

 168センチ、80キロの佐々木に対して、RSPは193センチ、136キロで圧倒的な体格差がある。佐々木は序盤、場外戦でイス攻撃。リングに戻ると、低空ドロップキック、ドラゴンスクリューでRSPのヒザに集中砲火。その後も佐々木はダイビング・エルボードロップ、クロスフェース・ロック、トラースキックで攻め込むも、RSPがローリング・エルボー。さらにチョークスラムを狙うも、佐々木がウラカンラナで切り返すがカウントは2。RSPは走り込んでダイビング・ボディアタック、GTF、そしてフロッグスプラッシュで圧殺。さすがの佐々木も、この殺人技を返すことはできなかった。

 佐々木は「佐々木大輔の2022年は終わった。完敗だ。さすがの俺もあのサイズにはきつかった。今から50キロ増量して、あの野郎をぶち壊してやる。次は(11・12大阪で)ジョーイ・ジャネラ?どうでもいい。俺のD王は終わった」と吐き捨てたものの、決して本心ではないのは確か。

 これで佐々木は公式戦2戦を消化して0勝1敗1分けで勝ち点はわずか1点で、厳しい状況に追い込まれた。だが、残り3戦を残しており、他の選手の勝ち点状況では逆転でのAブロック突破の可能性は十分あるだろう。“策士”佐々木がこのまま終わるとは思えない。

 一方のRSPは開幕2連勝で勝ち点を4に伸ばし、Aブロックの単独トップに躍り出て、「また一つ勝利を積み重ねたけど、まだ終わりじゃない。負けるためにDDTに来たんじゃない。全部勝ってDDTのキングになる」と怪気炎。

【大会名】DDT FREE – November – D王 GRAND PRIX 2022 in Yokohama
【日時】2022年11月5日(土)=昼の部
【会場】神奈川・横浜ラジアントホール
【観衆】300人(超満員札止め)

▼オープニングマッチ 30分一本勝負
勝俣瞬馬&●須見和馬 vs 岡田佑介&高鹿佑也○
10分11秒 チキンウイング・アームロック

▼第二試合 30分一本勝負
○飯野“セクシー”雄貴&男色“ダンディ”ディーノ&今成“ファンタスティック”夢人 vs 大鷲透&平田一喜●&アントーニオ本多
10分16秒 セクシー・アナビアンナイト

▼第三試合 30分一本勝負
高木三四郎&HARASHIMA&大石真翔&○彰人 vs 岡谷英樹&小嶋斗偉&石田有輝●&正田壮史
10分18秒 フジヤマ・ニーロック

▼第四試合 Aブロック公式リーグ戦 30分一本勝負
●吉村直巳<2敗0点> vs ジョーイ・ジャネラ○<1勝1敗2点>
11分29秒 片エビ固め
※ダイビング・フットスタンプ

▼セミファイナル Bブロック公式リーグ戦 30分一本勝負
●MAO<1勝2敗2点> vs KANON○<1勝2敗2点>
17分37秒 コブラツイスト

▼メインイベント Aブロック公式リーグ戦 30分一本勝負
●佐々木大輔<1分1敗1点> vs RSP○<2勝4点>
11分00秒 体固め
※フロッグスプラッシュ

〈写真提供:DDTプロレスリング〉

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加