【DDT】吉村直巳は開幕から2連敗で窮地に…「期待に応えられる男になりたい」

 DDTプロレスが11月5日(昼の部)、横浜ラジアントホールで「D王 GRAND PRIX 2022」第3戦を開催。Aブロックの吉村直巳がジョーイ・ジャネラに敗れて開幕から2連敗と窮地に追い込まれた。

 Aブロック公式戦で吉村直巳がDDT&GCWのEXTREME王者ジャネラと対戦。ジャネラはスイングDDT、トペなどで積極果敢に攻め立てた。チョップ合戦で優勢だった吉村は、払腰を決めるもカウントは2。

 吉村が抱え上げると、ジャネラがフロント・ネックロックで切り返すも、吉村はスープレックスで投げ捨てた。ジャネラは顔面蹴りからパッケージドライバー、ダイビング・フットスタンプとつないで3カウントを奪取。吉村は初戦のRSP戦に続き2連敗を喫し勝ち点は0で、こちらもかなり苦しい立場に追いやられた。

 吉村は「今までと変わってない。決して調子悪いとかはなくて、純粋に勝負に負けてます。次、(11・12)大阪で上野(勇希)さん相手に情けないところを見せたくないので、汚くても泥臭くても何が何でも上野勇希には勝ちます。今のところ裏切ってばかりなので、期待に応えられる男になりたい」と目の前の上野戦に集中する構えを見せた。

 ジャネラは「おととい(11・3横浜)のウエノへの敗戦で、俺の闘魂に火がついた。ヨシムラはタフボーイだった。DDTでやってきた試合で最もタフな試合だった。D王GP、あのトロフィーは俺のもんだ」と意気込んだ。

 この結果、Aブロックはこの日の昼の部を終了した時点で、RSPが4点で首位。これを遠藤哲哉が3点、上野勇希とジャネラが2点、佐々木が1点で追っている。

 なお、MAO VS KANONのBブロック公式戦が行われた。宮城県出身のMAOはみちのくプロレスに影響を受けてプロレス入りし、TAKAみちのくの代名詞でもあるみちのくドライバーⅡを得意技にしている。KANONはそのTAKAの弟子だ。互いの力を確かめ合うかのようにレスリングの攻防から、丸め込みの応酬となったが、KANONがコブラツイストで絞め上げてギブアップを奪い初勝利。これで両者ともに1勝2敗で勝ち点2となった。

 KANONは「MAO、楽しいね。こんだけ楽しめたんだから、次はD王じゃなくて違うところでやりたい。やっと1勝。崖っぷちだ」、MAOは「完全敗北。さすが純血って感じ。僕なんかただの突然変異的な地球から生まれた宇宙人なんで。しょせん僕は模倣犯。純血には遠く及ばなかった。持てるものは出した気はするし、自分のルーツにすごく濃い試合だったなと思います。この先、樋口和貞(11・12大阪)、火野裕士(11・13京都)、結構つらい。それが終わったら、バラバラになるかもしれないけど、絶対に生き延びる」と話した。

【大会名】DDT FREE – November – D王 GRAND PRIX 2022 in Yokohama
【日時】2022年11月5日(土)=昼の部
【会場】神奈川・横浜ラジアントホール
【観衆】300人(超満員札止め)

▼オープニングマッチ 30分一本勝負
勝俣瞬馬&●須見和馬 vs 岡田佑介&高鹿佑也○
10分11秒 チキンウイング・アームロック

▼第二試合 30分一本勝負
○飯野“セクシー”雄貴&男色“ダンディ”ディーノ&今成“ファンタスティック”夢人 vs 大鷲透&平田一喜●&アントーニオ本多
10分16秒 セクシー・アナビアンナイト

▼第三試合 30分一本勝負
高木三四郎&HARASHIMA&大石真翔&○彰人 vs 岡谷英樹&小嶋斗偉&石田有輝●&正田壮史
10分18秒 フジヤマ・ニーロック

▼第四試合 Aブロック公式リーグ戦 30分一本勝負
●吉村直巳<2敗0点> vs ジョーイ・ジャネラ○<1勝1敗2点>
11分29秒 片エビ固め
※ダイビング・フットスタンプ

▼セミファイナル Bブロック公式リーグ戦 30分一本勝負
●MAO<1勝2敗2点> vs KANON○<1勝2敗2点>
17分37秒 コブラツイスト

▼メインイベント Aブロック公式リーグ戦 30分一本勝負
●佐々木大輔<1分1敗1点> vs RSP○<2勝4点>
11分00秒 体固め
※フロッグスプラッシュ

〈写真提供:DDTプロレスリング〉

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加